【現代インド・南アジアセミナー 受講生による講義記録】講師:前杢英明

現代インド・南アジアセミナー

講師氏名:前杢英明「南アジア・インドの自然環境とその多様性」
【報告者氏名】板倉和裕(広島大学大学院社会科学研究科)

 本講義では、豊富な図面・写真、および動画を用いながら、南アジアの地形とその成り立ち、地質構造、気候など、同地域の自然地理的な特徴が幅広く紹介された。その中で、南アジアの地形を特徴づけるヒマラヤ山脈の存在が同地域を中国系文化圏から切り離し、固有の世界観が造り出されることを可能にしていること、また、ヒマラヤ山脈の生み出す気候環境が人々の生活、具体的には農業を中心とする人々の営みを規定するという地誌的な意味も指摘された。質疑では、17・ 18世紀のマドラスで見られた船舶の出入港数の増減は気象的な変化によるものか、洪水・河川の氾濫といった自然災害に人々はいかに対応してきたのか、インドに現存する遺跡や壁画で用いられた建築素材・含有成分はどこで産出されるのか、などが議論された。

»「現代インド・南アジアセミナー」2014

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。