【現代インド・南アジアセミナー 受講生研究発表】発表者:嘉藤慎作

現代インド・南アジアセミナー

氏名:嘉藤慎作(東京大学大学院人文社会系研究科修士課程1年)
発表タイトル:「17世紀ムガル朝下のイギリス東インド会社の仲介者」

本報告では、「17世紀ムガル朝下のイギリス東インド会社の仲介者」という表題で、イギリス東インド会社を事例とした17世紀の取引仲介人の業務内容、報酬形態、集団の「序列」化とその拡大、取引仲介人を務めた2つのスーラトの商人一族にとっての取引仲介人職の効用、港市と後背地を結ぶ輸送請負人について論じた。討議の際には、前後の時代との関係における17世紀取引仲介人集団の展開の位置づけ、取引仲介人の性質や南アジアにおける商取引構造の変化との関係についての考察など、本報告に欠けていた視点についてご指摘いただき、今後の研究の進展に資するべき多くの助言をいただいた。

»「現代インド・南アジアセミナー」2013

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。