【INDAS】2021年度 南アジアセミナー 募集締切延長(7月30日まで)

【INDAS】2021年度 南アジアセミナー 募集締切延長(7月30日まで)


<2021.07.20>全日程、オンライン開催決定
<2021.06.30> 公開講義およびスペシャルセッションの参加申込を開始いたしました。下記フォームよりお申し込みください。

NIHUプログラム「南アジア地域研究」主催
2021年度南アジアセミナー 募集要項

(募集要項 PDFバージョンはこちら)

南アジアセミナーは、「南アジア地域研究」プロジェクトの若手育成プログラムで、南アジアを対象とする研究者の講義や受講生の研究発表などにより構成されています。当プロジェクト研究員8名が中心となって企画・運営するもので、1)多分野の講師を招聘して南アジア地域に関する研究の蓄積・展開と最新の研究動向を学ぶ場を提供し、学術的理解の深化と拡大につなげること、2)若手研究者(大学院生やポスト・ドクター等)を主体とする研究会の場を提供し、研究発表ならびに討論・議論を集中的に行い、南アジアにかかる学術研究の課題と展望を未来に向かって切り拓くこと、を目的としています。

本年度の南アジアセミナーは、「南アジア地域研究のフロンティア ―課題・方法・展望」をテーマとして、招聘講師による講義、スペシャルセッションおよびGIS(地理情報システム)講習会などを行うとともに、南アジアを対象とする幅広いテーマからの研究発表と受講・聴講を募集いたします。

なお今回は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を考慮して、講義およびGIS講習会をオンラインにて連続講義形式で開催し、受講生による研究発表および一部のプログラムを、京都大学にて全3日間の日程で行うことといたします。ただし新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、研究発表等もオンラインに移行する可能性があります。

NIHUseminar2019NIHUseminar2019

 

Calendar

【テーマ】南アジア地域研究のフロンティア― 課題・方法・展望

【開催期間および開催形式】
① 開講式・自己紹介(オンライン Zoom ミーティング)
2021年9月2日(木)13:00〜14:30

② 公開講義(オンライン Zoom ウェビナー)
2021年9月2日(木)・6日(月)・9日(木)15:00〜17:00

③ GIS(地理情報システム)講習会(オンライン Zoom ミーティング)
2021年9月7日(火)14:00〜17:00

④ 研究発表・スペシャルセッション(2021.7.20 → オンライン開催に変更)
2021年9月14日(火)・15日(水)・16日(木)
※ スペシャルセッション 2021年9月15日(水)13:30〜17:00

【開催場所】
全面オンライン開催に変更(2021.07.20)
京都大学稲盛財団記念館3F大会議室
〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町 46

【セミナーの内容】
① 参加者による研究発表
② 招聘講師による公開講義
③ スペシャルセッション
④ GIS講習会

【講師(敬称略)】
〈一般公開講義〉
村山 和之(中央大学) ※ 2021年9月2日(木)担当
パーキスターン民俗文化研究/パーキスターン南西部/バローチスターンの慣習法文化
「越すに越されぬインダス河――バローチスターン民俗芸能の30年から」

三田 昌彦(名古屋大学) ※ 2021年9月6日(月)担当
南アジア中世史
「中世南アジアの時空間――ユーラシア世界とのグローカルな地政学的関係」

岡田 恵美(国立民族学博物館) ※ 2021年9月9日(木)担当
音楽民族学/インド北東部/インド北東部の歌唱文化
「インド北東部ナガの音楽文化にみる特殊性」

〈スペシャルセッション〉 スペシャルセッション 2021年9月15日(水)13:30〜17:00
「南アジア地域研究の課題・方法・展望――人類学者と経済学者の対話」
田辺 明生(東京大学)
藤田 幸一(京都大学)

〈GIS講習会〉 2021年9月7日(火)14:00〜17:00
勝又 悠太朗(人間文化研究機構/広島大学)
関戸 一平(人間文化研究機構/東京大学)

【応募資格】
〈発表希望者〉
南アジアをめぐる人文・社会・自然科学分野の研究に従事する大学院生・PD、または上記に相当する研究実績を有し、セミナー全日程に参加可能な方。
※ 開催日が数日にわたるので、全日程に参加不可能な方は事前にご相談ください。当セミナー実行委員会で協議させていただきます。

〈受講・聴講希望者(発表なし)〉
上記に加え、南アジアをめぐる人文・社会・自然科学分野の研究に関心のある学部生。セミナー全日程への参加が基本ですが、プログラムの一部への参加でも応募可能です。

〈外国在住の日本人院生・PDのオンライン参加〉
外国在住の日本人院生・PDの方も、オンラインで参加することが可能です。応募資格は上記のとおりです。

〈公開講義受講およびスペシャルセッション参加希望者〉 → 2021.6.30 参加申込を開始いたしました。
公開講義およびスペシャルセッションは、どなたでもご参加いただけます。これらの企画のみへの参加申込については、以下のGoogleフォームよりお申し込みください。

○ 公開講義のお申し込みフォーム  【お申込み〆切】2021年8月23日(月)17時
https://forms.gle/hXRDhvGrRq7hTotm9

○ スペシャルセッションのお申し込みフォーム 【お申込み〆切】2021年8月23日(月)17時
https://forms.gle/oZXRxJ62LEzcnUMRA

【募集人数】7~15名程度

【参加費】無料

【講義・発表等の形式】上記のとおり。

【応募方法】以下の書類を下記応募先にE-mailにてご提出ください。
※ 応募メールの件名に、「南アジアセミナー応募:応募者名○○○○」と記してください。

〈発表希望者〉
① 略歴書:以下、所定の書式をダウンロードし記入
word形式ファイル

② 発表要旨:1,200字程度(様式自由)
発表には以下の2種類があります。必ずどちらかを選択し、明記してください。
A) 研究発表
研究発表+質疑応答
B) フルペーパー発表
投稿予定の論文や博士論文の一部を事前に共有し当日発表+質疑応答
※ 各発表には研究者によるコメントがつきます。

〈受講・聴講希望者(発表なし)〉
① 略歴書のみ:以下、所定の書式をダウンロードし記入
word形式ファイル

【応募締切】2021年7月23日(金) 7月30日(金)17時00分

【採否通知】応募書類に基づき、当セミナー実行委員会による選考後、7月末までに応募者全員に採否を通知いたします。

【参加補助・その他】
〈旅費〉
所属先が京都市外の研究発表者には、旅費に関する補助金を一部支給いたします。ただし、日本学術振興会特別研究員等の採用者は、その対象ではありません。
〈宿泊〉
宿泊施設は各自でご予約ください。
※1旅費支給の詳細については、発表・受講決定者に追ってご連絡いたします。
※2発表なしの受講生に対する旅費の支給はありません。
〈その他〉
① オンライン参加について、データ通信量/料に不安のある方は、お気軽にご相談ください。必要に応じて、Wi-Fiルーターの無償貸し出し補助を行います。
② 託児にかかわる補助金制度があります。ご希望の方はご相談ください。本制度は、ご自宅におけるベビーシッター等も含みます。
③ 応募書類の返却は行ないません。
※ ①・②については、手続きの都合上、日本国内居住者に限ります。

【応募・お問い合わせ先】
INDAS-South Asia「南アジア地域研究」事務局
(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属南アジア研究センター)
E-mail: indas_office[at]asafas.kyoto-u.ac.jp

応募とお問い合わせはE-mailを原則といたします。

以上

<2021年度南アジアセミナー実行委員会>
伊東さなえ・勝又悠太朗・小茄子川歩・関戸一平・竹村嘉晃・茶谷智之・村上明香・山崎浩平

By |2021-07-21T12:54:36+09:009月 2nd, 2021|Categories: 南アジアセミナー, 研究会|【INDAS】2021年度 南アジアセミナー 募集締切延長(7月30日まで)コメントを受け付けていません

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.