【FINDAS】 社会連携企画 「南アジアで磨く、国連キャリアーーロヒンギャ避難民支援の現場から」

【FINDAS】 社会連携企画 「南アジアで磨く、国連キャリアーーロヒンギャ避難民支援の現場から」

【日時】 2019年10月24日(木)18:00~19:30
【会場】 東京外国語大学 府中キャンパス 研究講義棟 226教室(定員200名)
【アクセス】 西武多摩川線多磨駅下車、徒歩約 8分
http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html
※入場無料、申込み不要、一般公開
【プログラム】

18:00~18:10 (10分)
◆司会・導入: 日下部 尚徳(東京外国語大学)
「ロヒンギャ問題の現在」

18:10~19:00 (50分)
◆講演: 東山 慎太郎
(国際移住機関・現在ロヒンギャ問題支援に従事 Localization and Private Sector Partnership Officer / Programme Support Officer, International Organization for Migration (IOM))

「ロヒンギャ避難民への人道支援と国連でのキャリア構築」

2017年8月、隣国ミャンマー・ラカイン州で発生した衝突により、70万人以上のロヒンギャ避難民がバングラデシュ・コックスバザールに流入している。また、2016年10月に発生した避難民および1990年代からの難民・避難民を加えると100万人近いロヒンギャの人々が、コックスバザール地区内に設置された、キャンプ地で過酷な生活を送っている。2017年8月以降、多くの国連・国際機関およびNGO(インターナショナル、ローカル含む)が当地で活動を行っており、生活環境の改善が進められているものの、まだ長い道のりである。現在、避難民のミャンマーへの帰還がバングラデシュ、ミャンマー両政府によって協議され、進められているが、難しい状況である。

19:00~19:30 (30分)
質疑応答

【主催】 東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)
【使用言語】 日本語
【連絡先】  東京外国語大学南アジア研究センター(FINDAS)事務局
E-mail: findas_office[at]tufs.ac.jp

By |2019-10-02T16:56:47+09:0010月 24th, 2019|Categories: findas, 研究会|【FINDAS】 社会連携企画 「南アジアで磨く、国連キャリアーーロヒンギャ避難民支援の現場から」 はコメントを受け付けていません。

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.