イベントを読み込み中
  • このイベントは終了しました。

2017年度KINDAS研究グループ1-C「南アジアの環境問題」第1回研究会

(共催:科研A「インド農業・農村の新段階」(代表:京都大学・藤田幸一))

 

【日時】2018年2月20日(火)14:00~17:00

 

【会場】京都大学東南アジア地域研究研究所・稲盛財団記念館201号室(東南亭)
 (アクセス https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/

 

【プログラム】

14:00-14:10  開会

14:10-15:30  Dr. Marcella D’Souza (Executive Director, WOTR), 

Catalyzing Democratic Processes through Community Mobilization for Watershed Development

15:30-15:40  Coffee break

15:40-17:00  Dr. Ramkumar Bendapudi (Lead Research Advisor, WOTR),

Putting Research into Use: Building Response Capacity of Farmers to Manage Climate Risks and Secure Rural Livelihoods

WOTRは、スタッフ総数180名のうち25名が研究者というユニークなNPOで、その流域管理プロジェクトの優秀さには定評があり、14の国際的に名高い賞をはじめ、下記のような数々の賞を受賞しています。

  1. Land for Life award 2017
  2. Award of Excellence for Veljal Watershed
  3. Award of Excellence for innovative work in area of Agriculture
  4. India Geospatial Excellence Award
  5. Award for Innovation in Technology given by the Maharashtra Rural Livelihood Mission (MSRLM)
  6. FICCI Water Award – 2013
  7. Vasantrao Naik Puraskar 2012
  8. Laadli Media Awards for Gender Sensitivity 2011-12
  9. India Geospatial Excellence Award- 2012: Natural Resource Management-Water
  10. Dr. Punjabrao Deskmukh Krushti Ratna
  11. JSW-TOI Earth Care Award, 2010
  12. Community Based Mitigation and Adaptation to Climate Change of “JSW-TOI Earth Care Award, 2010
  13. Swiss Re Award for the Year 2010
  14. Kyoto World Water Grand Prize 2009
  15. Nirmal Gram Puraskar
  16. Aakar Jal Puraskar Award
  17. Vasantrao Naik Award

★Dr. Marcella 
D’Souzaにお願いしたテーマは、WOTRが流域という単位ないしは村の単位でさまざまな制度・組織を構築し、それを通じて多様で階層差の大きなインド農村社会の利害の調整を実現し、包摂的発展を可能にしたこと、かつ地元民のイニシアティブを最大限に引き出すことを通じて、真に持続的な開発を実現したこと、しかも資源環境の持続性も実現した、WOTRの事業成果を総括していただくものであり、その過程で、政治的・官僚的な制約も見事に克服し、彼らの力も最大に生かすことに成功しています。インドにおける真の民主主義の確立に向けた不断の努力がテーマです。

★Dr. Ramkumar 
Bendapudiにお願いしたテーマは、WOTRが流域管理という地域開発を進めるに当たって、科学的な知識を重視し、研究と現場の開発をつなぐTrans-disciplinaryなあり方を真に実現した、その先進的経験を話していただくということです。

 

【使用言語】英語

 

【参加対象】一般参加歓迎

 

【お問い合わせ等】INDAS-South Asia事務局 indas_office[at]asafas.kyoto-u.ac.jp
※迷惑メール防止のために、@を[at]と表記しています。送信の際は、@に置き換えて送信してください。