rindas

1 2020/02/01

【RINDAS】2019年度RINDAS研究会(経済班)

By |2019-12-24T15:09:24+09:002月 1st, 2020|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度RINDAS研究会(経済班) はコメントを受け付けていません。

日時:2020年2月1日(土) 13:00-18:00 場所:龍谷大学大宮学舎 東黌2階201演習室 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/omiya.html 報告: 杉原薫 (総合地球環境学研究所)「インド洋交易圏の再編ー20世紀前半を中心にー 」 絵所秀紀(法政大学) 「インドにおける農業機械化進展の特徴―トラクター産業を 中心にー」 麻田玲(東京大学) 「"都市化"なき発展は可能かースリランカ農村開発政策の再考 」 木曽順子(フェリス女学院大学) 「インドのスラム労働者と『包括的成長』」 一般参加歓迎: ご参加に際しては、下記までご一報いただけますと幸いです 問い合わせ先:井田 ida[at]ad.ryukoku.ac.jp

20 2020/01/20

【RINDAS】2019年度第3回RINDASセミナー

By |2019-12-25T14:53:02+09:001月 20th, 2020|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度第3回RINDASセミナー はコメントを受け付けていません。

日時:2020年1月20日(月)16:00-18:00 場所:龍谷大学大宮キャンパス 東黌(とうこう)201演習室 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html 報告者:平野久仁子(上智大学) 題目:スワーミー・ヴィヴェーカーナンダとラーマクリシュナ・ミッション:彼のヒンドゥー教観をめぐって Swami Vivekananda and The Ramakrishna Mission:With Reference to His View of Hinduism 要旨:スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ(1863-1902)は、1893年にアメリカ・シカゴで開催された万国宗教会議での演説を起点に、欧米でヒンドゥー教に関する講演活動に従事するとともに、インドでは1897年にラーマクリシュナ・ミッションを設立した。本発表では、彼のヒンドゥー教観を考察するとともに、それをどのように具現化し、展開しようとしたのか、検討したい。 使用言語:日本語 一般参加歓迎: 御出席される場合、下記までご一報いただけますと幸いです。 問合せ先:井田 克征(RINDAS研究員) E-mail: ida[at]ad.ryukoku.ac.jp

11 2020/01/11

【RINDAS】2019年度RINDAS研究会「ヒンドゥー的聖地巡礼の形成と展開」

By |2019-12-24T15:21:42+09:001月 11th, 2020|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度RINDAS研究会「ヒンドゥー的聖地巡礼の形成と展開」 はコメントを受け付けていません。

日時:2020年1月11日(土)13:30-17:00 場所:龍谷大学深草キャンパス 和顔館4階 会議室3 https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html プログラム: 13:30-13:50 趣旨説明 13:50-14:30 宮本久義 「イントロダクション:ヒンドゥー教徒にとっての聖地巡礼」 14:45-15:45 虫賀幹華 「聖典に基づく(Sastrika)」規則とは何か―ガヤー巡礼の発展過程からの考察 祖先祭祀を行うのに良いことで有名な北インドビハール州南部に位置する聖地ガヤーには、寺院や山、川、池といった百を超える聖所(upatirtha)があり、巡礼者がどこで何をすべきかが決められている。聖職者は「聖典に基づく(sastrika)」「完全な(sampurna)」ガヤー巡礼を行わせようとし、巡礼者も費やすことのできる時間とお金の範囲内でそれに従おうとする。他方で、聖職者らがその根拠とする『ガヤーマーハートミヤ』等の聖典類には、「聖典に基づく」ガヤー巡礼の記述はみつからない。本発表では、現在のガヤー巡礼の起源および権威化の過程を探る。結論を先取りしてしまえば、その端緒は18世紀末のイギリス人徴税官が定めた規則にあり、20世紀半ばに書かれた次第本(paddhati)によって「聖典に基づく」巡礼方法となった。本発表ではこうした、ヒンドゥー聖地の歴史においてさまざまな点で確認できる聖典の利用や再解釈、慣習の聖典化という現象についても考察を試みてみたい。 16:00-17:00 全体討論 使用言語:日本語 一般参加歓迎: どなたでもご自由にご参加いただけますが、あらかじめ下記までご一報いただけますと幸いです。 問合せ先:井田 克征(RINDAS研究員) E-mail: ida[at]ad.ryukoku.ac.jp

13 2019/12/13

【RINDAS】RINDAS国際セミナー “The Haunting of the Database: On the Remaking of Life and Death in Digital India”

By |2019-12-09T15:28:23+09:0012月 13th, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】RINDAS国際セミナー “The Haunting of the Database: On the Remaking of Life and Death in Digital India” はコメントを受け付けていません。

Date and Time: Dec. 13(Fri.), 2019, 16:00-18:00 Venue: Conference Room, West Hall (Sei-koh), Omiya Campus, Ryukoku University [Location and Access] http://www.ryukoku.ac.jp/english2/about/location.html [Campus Map] http://www.ryukoku.ac.jp/english2/about/access/omiya.html Prof. Lawrence Cohen (University of California, Berkeley, USA) [...]

23 2019/11/23

【RINDAS】2019年度第2回RINDAS研究会「バクティズムの近世的展開に関する研究」

By |2019-11-01T12:02:06+09:0011月 23rd, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度第2回RINDAS研究会「バクティズムの近世的展開に関する研究」 はコメントを受け付けていません。

2019年度 第2回RINDAS研究会 「バクティズムの近世的展開に関する研究」 日時:11/23(土)14:00-18:00 11/24(日)9:00-11:40 場所:コンソーシアム京都7F研修室(龍谷大学) http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access 報告: [11/23(土)] 13:30-13:40 趣旨説明 13:40-14:40 眞鍋智裕 「マドゥスーダナ・サラスヴァティーのバクティ論の特色と研究展望」 14:50-15:50 山畑倫志 「西部インドのジャイナ教におけるガッチャの形成と聖者崇拝」 16:00-17:00 榊知良 「ジョーギーと呼ばれた集団―前近代ペルシャ語資料から」 17:00-17:40 討論 [11/24(日)] 9:00-10:00 三澤博枝 「Mewāṛ派Gītagovindaの細密画における別離の恋のラサ」 10:10-11:10 澤田彰宏 「チャイタニヤ派寺院の運営組織―ヴリンダーヴァンのラーダーラマン寺院の事例から」 11:10-11:40 討論 問合せ先:井田 克征(RINDAS研究員) E-mail: ida[at]ad.ryukoku.ac.jp

14 2019/11/14

【RINDAS】2019年度第3回RINDAS国際セミナー:ダンマ・ボーディ師講演会

By |2019-10-30T15:30:12+09:0011月 14th, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度第3回RINDAS国際セミナー:ダンマ・ボーディ師講演会 はコメントを受け付けていません。

日時:2019年11月14日(木)16:30-18:30 場所:龍谷大学大宮キャンパス 西黌(せいこう)252演習室 [大宮キャンパス・アクセス] 京都市下京区七条大宮(京都駅から徒歩約15分) https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html [大宮キャンパス・施設地図] https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/omiya.html 題目:インド仏教の現状―仏教の広がりとその中の諸問題― 講師:ボーディ・ダンマ師(全インド仏教青年連盟会長) 使用言語:日本語 どなたでもご自由にご参加いただけます

18 2019/07/18

【RINDAS】2019年度第2回RINDASセミナー「ベンガルの大地に生きる仏教徒たち」

By |2019-07-08T12:08:35+09:007月 18th, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度第2回RINDASセミナー「ベンガルの大地に生きる仏教徒たち」 はコメントを受け付けていません。

日時:2019年7月18日(木) 13:15~14:45 場所:龍谷大学大宮学舎 西黌(せいこう)2階 大会議室 [大宮キャンパス・アクセス] https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html [大宮キャンパス・施設地図] https://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/omiya.html 題目:ベンガルの大地に生きる仏教徒たち ―ムスリムとヒンドゥーのはざまで― 講演者:若原雄昭(龍谷大学文学部教授) 言語:日本語 概要: 龍谷大学南アジア研究センター(RINDAS)では、その事業の一環として、2009年よりバングラデシュのダッカ大学および同国仏教関係者の協力の下に、ベンガル地方の仏教徒に関する調査を継続し、その成果の一端をDirectory of Buddhist Monasteries in Bangladesh(『バングラデシュ寺院総覧』)として2019年春に公刊した。本セミナーでは、10年に及ぶ調査研究の総括として、ベンガルにおける古代以来の仏教の歴史を概観するとともに、多様な民族と宗教が交錯する現状について報告する。18 どなたでもご自由に参加できます。 共催:龍谷大学アジア仏教文化研究センター(BARC) 龍谷大学世界仏教文化研究センター(RCWBC) 問い合わせ先: 井田克征(IDA Katsuyuki) E-mail: ida[at]ad.ryukoku.ac.jp

15 2019/07/15

【RINDAS】2019年度第2回RINDAS国際セミナー “Resurgence of Buddhism in India”

By |2019-07-10T15:58:43+09:007月 15th, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度第2回RINDAS国際セミナー “Resurgence of Buddhism in India” はコメントを受け付けていません。

Date: Monday, 15 July, 2019 15:00-16:30 Venue: B-206, Wagenkan, Fukakusa Campus, Ryukoku University Speaker: Dr. Mrigendra Pratap (Savitribai Phule Pune University) Abstract: India is a birthplace of Buddhism. It started with the [...]

13 2019/07/13

【RINDAS】2019 RINDAS International Symposium

By |2019-06-24T14:31:27+09:007月 13th, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019 RINDAS International Symposium はコメントを受け付けていません。

Theme: South Asian Buddhist Movements in Recent Years Date: 13th July, 2019 13:30-17:30 Venue: Conference Room, 2nd floor, Toukou, Omiya campus, Ryukoku University [Access] http://www.ryukoku.ac.jp/english2/about/location.html [Map] http://www.ryukoku.ac.jp/english2/about/access/omiya.html (Venue: Building No.6) Program: 13:30-40 Opening Remarks [...]

30 2019/06/30

【RINDAS】2019年度RINDAS若手セミナー「南アジア的近代とローカルな信仰の関係性に関する研究」

By |2019-06-12T16:57:53+09:006月 30th, 2019|Categories: rindas, 研究会|【RINDAS】2019年度RINDAS若手セミナー「南アジア的近代とローカルな信仰の関係性に関する研究」 はコメントを受け付けていません。

日時:2019年6月30日(日)14:00~17:30 場所:龍谷大学深草キャンパス・和顔館4階・第2会議室 [深草キャンパス・アクセス] http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_fukakusa.html [深草キャンパス・施設地図] http://www.ryukoku.ac.jp/fukakusa.html (会場は東門(26)を入って正面の建物(1)です) プログラム: 14:00-14:30 趣旨説明 井田克征(人間文化研究機構/龍谷大学) 14:30-16:00 コルカタ・カーリーガート寺院近郊の「低カーストの祭祀」の変容 澁谷俊樹(横浜市立大学非常勤講師) 要旨:ベンガル暦の大晦日にあたる西暦4月半ばにかけて「ガジョン」と呼ばれる新年 の行事が行われる。現地においても先行研究においても、この祭祀は専ら「低カースト の祭祀」として知られる。本研究はこれを仮説の一つとして継承し、19世紀前半頃まで は、コルカタの高カーストや富裕層、及びにカーリーガート寺院が関与していたという 従来とは異なる説を提唱する。その上で、こうした有力層の関与が、今日ほぼ「なかっ た」ことになっている背景の一つを、19世紀における祭祀の自傷行為の法的禁止をめぐ る歴史に求める。 16:15-17:30 ディスカッション 使用言語:日本語 どなたでもご自由にご参加いただけます。 ただし資料等準備の関係上、ご参加される方は事前にご一報いただければ幸いです。 問い合わせ先: 井田克征(IDA Katsuyuki) E-mail: ida@ad.ryukoku.ac.jp ----------

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.