研究会

【INDAS】2018年度 南アジアセミナー

By | 2018-04-20T12:50:28+00:00 8月 1st, 2018|Categories: 南アジアセミナー, 研究会|

NIHUプログラム「南アジア地域研究」では、下記の要領で全国の若手研究者(大学院生およびポスト・ドクター(PD)を含む)あるいは推薦を受けた学部生を対象に、「南アジアセミナー」を開催し、受講生を募集いたします。 **************************************** NIHUプログラム「南アジア地域研究」主催 2018年度南アジアセミナー 募集要項 南アジアセミナーは、「南アジア地域研究」プロジェクトの拠点研究員8名が中心となって企画・運営するものであり、1)多分野の講師を招聘して南アジア地域に関する研究の蓄積・展開と最新の研究動向を学ぶ場を提供し、学術的理解の深化と拡大をめざすこと、2)若手研究者(大学院生やポスト・ドクター(PD)等)を主体とする研究会の場を提供し、集中的に研究発表ならびに討論・議論を行い、南アジアにかかる学術研究の課題と展望を未来に向かって切り拓くこと、をめざして開催しています。 今年度の南アジアセミナーでは、地域研究の視点から流動する人、モノ、文化をテーマにして、講師の先生方による公開講演、映画上映と解説、国立民族学博物館施設案内などを行うとともに、南アジアを対象とする幅広いテーマからの研究発表を募集いたします。 【テーマ】「南アジア地域研究のフロンティア--流動する人、モノ、文化を捉える」 【期間】2018年8月1日(水)~8月3日(金) 【会場】国立民族学博物館 第4・6セミナー室(本館2階) 大阪府吹田市千里万博公園10-1、代表電話:06-6876-2151 アクセス:http://www.minpaku.ac.jp/museum/information/access   【セミナーの内容】 ① 招聘講師による公開講演(敬称略、五十音順) 工藤正子(京都女子大学現代社会学部・教授) 「南アジア系ディアスポラにおける文化変容 --日本人の母とパキスタン人の父をもつ若者たちのアイデンティティ交渉」 高田峰夫(広島修道大学人文学部・教授) 「 バングラデシュとイスラーム--歴史・地理・社会 」 豊山亜希(近畿大学国際学部・講師) 「南アジア世界のヴィジュアリティ」 森本泉(明治学院大学国際学部・教授) 「流動するネパール- - 楽師カースト・ガンダルバとサランギをめぐる変化」 ② 参加者による研究発表 ③ みんぱく施設案内(図書室、展示場、収蔵庫など) ④ 南アジア展示の解説(上羽陽子・国立民族学博物館准教授) ⑤ 映画『カーンチワラム サリーを織る人』の上映および解説 (杉本良男・国立民族学博物館名誉教授) 【応募資格】 南アジアに関連する人文・社会・自然科学分野の研究に従事する大学院生やPD、もしくは左記に相当する研究歴を有する者、または「南アジア地域研究」拠点から推薦を受けた学部生で、積極的に参加する意志をもつ者。 *なお上記要件にかかわらず、「南アジア地域研究」メンバーで本プログラムからの補助金(交通費・宿泊費)を必要としない方の参加も歓迎いたします。応募先宛にご連絡ください。 【募集人員】約20名(研究発表者は7-10名程度) 【参加費】 無料。関西圏外在住の受講者には旅費に関する補助金を一部支給する予定だが、日本学術振興会特別研究員等の採用者はその対象ではない。 詳細については、受講決定者に追って連絡する。 【応募方法】 セミナーへの参加を希望する者は、以下に挙げる必要提出書類①②の2点、ならびに、本セミナーでの発表を希望する場合には③を加えた3点を、下記応募先あてに電子メールの添付ファイルで、締め切り期日までに送付すること。 必要提出書類 ① 略歴書(所定の書式をホームページよりダウンロード)、② 自薦書(1000~1200字程度、様式自由)、③ 発表要旨(1200字程度で発表内容を記載、様式自由) ※ 発表には、a)研究発表(レジュメに基づく研究発表+質疑応答)とb)フルペーパー発表(投稿予定の論文や博論の一部等を事前に共有して行う発表+質疑応答)の2つがある。 応募の際には必ず希望する発表方法を明記すること。なお、参加のみを希望する者はその旨を明記すること。 [...]

【INDAS】2018年度 南アジアセミナー はコメントを受け付けていません。

【KINDAS】パキスタン大使特別講演会

By | 2018-04-21T20:11:27+00:00 5月 28th, 2018|Categories: kindas, 研究会|

(共催:南アジア・インド洋世界研究会)   【日時】2018年5月28日(月) 14:00~15:30(質疑応答を含む) 【場所】京都大学 東南アジア地域研究研究所・稲森財団記念館3階 中会議室 アクセス:https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/ (上記ページ下部に地図がございます)   【講師】アサド・マジード・カーン駐日パキスタン・イスラム共和国特命全権大使 ※カーン大使のプロフィールについては、下記ページをご覧ください http://www.pakistanembassytokyo.com/ja/content/%E5%A4%A7%E4%BD%BF   【講演タイトル】Pakistan's Vision and Approach Towards Regional Peace and Security   【言語】英語(通訳なし)   【連絡先】KINDAS事務局 indas_office[at]asafas.kyoto-u.ac.jp (メール送信の際、上記[at]を@に置換ください)   ※ 本講演会は参加無料・予約不要でどなたでもご参加いただけます。  

【KINDAS】パキスタン大使特別講演会 はコメントを受け付けていません。

【TINDAS, FINDAS】2018年度 第1回TINDAS-FINDAS共催国際セミナー

By | 2018-04-21T19:34:10+00:00 5月 21st, 2018|Categories: findas, tindas, 研究会|

2018 TINDAS-FINDAS 1st International Seminar   【日時】2018年5月21日(月) 17:30~19:30 【場所】東京大学駒場キャンパス14号館講義室(407号室) アクセス:http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400020146.pdf   【発表者および題目】 Gyanesh Kudaisya (Associate professor/National University of Singapore) ‘How Partition Shaped the Polity: Institutions and Governance in India in the 1950s’ Medha Kudaisya (Associate professor/National University of Singapore) ‘India’s Tryst with Prosperity: The Bombay Plan of 1944’   【言語】英語 【連絡先】TINDAS事務局 Eメール:officetindas@gmail.com ※本セミナーは参加無料でどなたでもご参加いただけます。

【TINDAS, FINDAS】2018年度 第1回TINDAS-FINDAS共催国際セミナー はコメントを受け付けていません。

【HINDAS】2018年度HINDAS第1回研究集会

By | 2018-04-20T17:09:58+00:00 5月 12th, 2018|Categories: hindas, 研究会|

  【日時】2018年5月12日(土)13:30 ~ 16:50 【場所】広島大学大学院 文学研究科  1階大会議室(東広島キャンパス) 〒739-8512 東広島市鏡山1丁目2番3号 アクセス:https://www.hiroshima-u.ac.jp/access/higashihiroshima/map_higashihiroshima (文学研究科の位置については、上記ページ「キャンパス全体地図印刷用マップ」をクリックしてご覧ください)   【プログラム】 13:30~14:30 杉江 あい(東京外国語大学)        「バングラデシュ農村におけるイスラーム知識の広がりと深化−中東滞在経験者と宗教教育に着目して−」 14:30~15:30 友澤 和夫・陳 林(広島大学)・古屋 辰郎(広島大学・院)・I. Nury(Lotus India Biz Ltd.)        「デリー首都圏における工業労働市場とワーカーの経済生活−自動車系と軽工業系の比較考察−」 15:30~15:50 休憩 15:50~16:50 石上 悦朗(福岡大学)        「インドの産業発展−政治経済学とグローバル競争の視点から−」   【参加対象:一般参加歓迎】 本集会は教職員・学生・一般の方など多くの皆様のご参加をお待ちしております。 ただし、参加をご希望の方は資料作成等の都合上、あらかじめ事務局にメール<hindas<アットマーク>hiroshima-u.ac.jp>をお送りください。 メールのご送付にあたっては 、以下の情報をご記載ください。 ------------- メールタイトル:HINDAS 2018年度 第1回研究集会 必 要 事 項:ご氏名、ご所属 -------------   ※ウェブサイトでもご案内しております。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/hindas/20180512_m1.html

【HINDAS】2018年度HINDAS第1回研究集会 はコメントを受け付けていません。

【TINDAS】南アジアの経済発展をめぐる国際会議(於:イギリス)

By | 2018-04-20T17:40:30+00:00 5月 4th, 2018|Categories: tindas, 研究会|

Edinburgh-Kobe Dialogue on the Economic Development in South Asia   Date: 4th May, 2018 Venue: Heriot-Watt University (Edinburgh, Scotland, UK EH14 4AS)   【Program】 10:00-10:10 Opening Remarks: Prabir Bhattacharya (Heriot-Watt University) 10:10-10:55 Keynote Speech: Lord Meghnad Desai (Emeritus Professor, London School of Economics) 10:55-11:10 Speech on Behalf of the Japanese Scholars: Hideki Esho (Emeritus Professor, Hosei [...]

【TINDAS】南アジアの経済発展をめぐる国際会議(於:イギリス) はコメントを受け付けていません。

【RINDAS】2018年度RINDAS第1回伝統思想研究会

By | 2018-04-21T19:00:24+00:00 4月 28th, 2018|Categories: rindas, 研究会|

【日時】2018年4月28日(土) 14:30~17:30 【場所】龍谷大学大宮キャンパス 西黌2階・大会議室 [大宮キャンパス・アクセス] 京都市下京区七条大宮(京都駅から徒歩約15分) http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html [大宮キャンパス・施設地図] http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/omiya.html (会場は、上記リンク地図内⑥番の建物になります。 地図は、右方向が北になっておりますので、ご注意ください。)   【発表者および題目】 Dr. Jason Birch (Postdoctoral research fellow, SOAS, University of London) “Amaraughaprabodha: Awakening with Buddhist and Śaiva Nectars” Dr. Patrick McCartney (JSPS Postdoctoral fellow, Kyoto University) “Suggesting Śāntamūrti and Śāntarasavāda: A Sociological Study of Shanti Mandir’s social network in the context of Global Yoga” 【要旨および略歴】 [...]

【RINDAS】2018年度RINDAS第1回伝統思想研究会 はコメントを受け付けていません。

【FINDAS】第1回若手研究者セミナー「南アジア系移民の文化と社会」

By | 2018-04-20T16:45:54+00:00 4月 20th, 2018|Categories: findas, 研究会|

2018年度 第1回FINDAS若手研究者セミナー「南アジア系移民の文化と社会」   【日時】 2018年5月26日(土)13:00~17:00 【場所】 東京外国語大学 本郷サテライト 4階セミナー室 アクセス:http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html   【報告者・題目】 ◆栗田 知宏(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター・客員研究員) 「イギリスのエイジアン音楽産業におけるサブ・エスニシティの力学」 "Dynamics of sub-ethnicity in the British Asian music industry" イギリスでは「エイジアン音楽」と呼ばれる南アジア系ポピュラー音楽においては、バングラーに代表されるパンジャービー音楽が常に中心的な実践として位置づけられてきた。インド本国や他国出身のパンジャービーのアーティストによる楽曲も人気を博しており、トランスナショナルなパンジャービー音楽の存在感はさらに増してきている。一方、グジャラーティー、ベンガーリー、タミルなどの音楽的要素を含んだ楽曲はほとんど制作されておらず、一般的に注目される機会も非常に少ない。こうしたアンバランスな状況は、エイジアン音楽産業内部のサブ・エスニシティをめぐるいかなる力学によってもたらされているのだろうか。本発表では、グジャラーティー、南インド・スリランカ系、バングラデシュ系の業界関係者へのインタビューなどをもとに、この問いにアプローチしたい。 ◆東 聖子(近畿大学国際学部・講師) 「トロント市周辺の南アジア系移民による社会形成と文化的紐帯に関する考察」 "The cultural tie and socialization of South Asian migrants in the Greater Toronto Area" 本発表では、カナダのトロント市周辺に暮らす南アジア系移民が、自身の文化的共通性を介した繋がりをもとに、移民社会を形成し、その一員として生活を営んでいるさまを考察する。出身地、エスニシティ、世代など、様々な差異を横断し人々に共有されるその文化的紐帯が、南アジア系移民による社会形成や社会参画意識などを牽引している様子を、トロント市周辺の事例より報告する。 【使用言語】 日本語 【連絡先】FINDAS事務局 Eメール:findas_office[at]tufs.ac.jp (ご連絡の際は[at]を@に置き換えてご送信ください) FINDASホームページ:http://www.tufs.ac.jp/ts/society/findas/

【FINDAS】第1回若手研究者セミナー「南アジア系移民の文化と社会」 はコメントを受け付けていません。

【KINDAS】2018年度 第1回KINDAS国際セミナー “God Mountains and Fengshui Forests: Dialectics and Dialogics in the Sacred/Secular Spaces of Tibetan and Han Villages Under China’s Ecological Civilization”

By | 2018-04-13T15:17:12+00:00 4月 17th, 2018|Categories: kindas, 研究会|

2018年度 第1回KINDAS国際セミナー "God Mountains and Fengshui Forests: Dialectics and Dialogics in the Sacred/Secular Spaces of Tibetan and Han Villages Under China’s Ecological Civilization" (共催:南アジア・インド洋世界研究会) 【日時】 2018年4月17日(火) 14:45~16:45 【場所】京都大学 吉田キャンパス本部構内 総合研究2号館4階 会議室(AA447) アクセス:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/ (上記ページ地図中、34番の建物です) 【発表者】Prof. Christopher Coggins (Professor of Geography and Asian Studies, Bard College at Simon’s Rock, MA, USA) 【題目】God Mountains and Fengshui Forests: Dialectics and Dialogics in [...]

【KINDAS】2018年度 第1回KINDAS国際セミナー “God Mountains and Fengshui Forests: Dialectics and Dialogics in the Sacred/Secular Spaces of Tibetan and Han Villages Under China’s Ecological Civilization” はコメントを受け付けていません。

【RINDAS】2018年度RINDAS第1回アンベードカル研究会

By | 2018-04-08T00:58:04+00:00 4月 6th, 2018|Categories: rindas, 研究会|

日時:2018年4月6日(金) 14:00~16:00 場所:龍谷大学大宮キャンパス 南黌1階・102室 [大宮キャンパス・アクセス] 京都市下京区七条大宮(京都駅から徒歩約15分) http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html [大宮キャンパス・施設地図] http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/omiya.html (会場は、上記リンク地図内③番の建物になります。 地図は、右方向が北になっておりますので、ご注意ください。) ○ ラクシュミー・ナラス『本来のブッダ、仏教』(前半)解読   報告者:壬生泰紀(龍谷大学) 【一般参加歓迎】 【連絡・問合せ先:舟橋健太(funahashi[at]ad.ryukoku.ac.jp)】 (資料等準備の関係上、参加される方は事前にご一報いただければ幸いです。)

【RINDAS】2018年度RINDAS第1回アンベードカル研究会 はコメントを受け付けていません。

【TINDAS】2017年度TINDAS第5回国際セミナー

By | 2018-04-08T01:07:44+00:00 3月 27th, 2018|Categories: tindas, 研究会|

ネルー大学(JNU)で近現代史を教えているIndivar Kamtekar教授にご講演をお願いできることになりました。 Kamtekar教授は、第二次大戦期のインドにおける国家のあり方に関する研究で著名な研究者です。 今回は、経済統制など大戦期に形成された国家と社会のあり方が、インド独立後も継続したことを指摘するという刺激的な発表になると思いますので、年度末のお忙しい時期ではありますが、たくさんの方に参加していただければと思います。 日時: 2018年3月27日(火)17:00-19:00, 27th March 2018, 17:00-19:00 場所: 東京大学東洋文化研究所第一会議室(3F) https://apc01.safelinks.protection.outlook.com/?url=http%3A%2F%2Fwww.ioc.u-tokyo.ac.jp%2Feng%2Faccess%2Findex.html&data=02%7C01%7C%7C1f90999adb4b4598a3ba08d583f98ae5%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636560030148846045&sdata=g7nN4iHWJCzQz2fsPCsxbNcUW86kb8vvX5UjTY5HGjw%3D&reserved=0 使用言語: 英語 (通訳なし) 題目: Looking Beyond Flags: the 1940s in India 要旨: The standard interpretation of the 1940s in India focuses on the contest between the forces of imperialism and nationalism, leading to Indian independence in August 1947, when the British flag was [...]

【TINDAS】2017年度TINDAS第5回国際セミナー はコメントを受け付けていません。

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.