一橋大学所蔵の現代インド・南アジア関連資料

  一橋大学は、森有礼による私設の商法講習所(1875年)を源流とし、1920年に旧制官立大学として設立されて以降、社会科学の総合大学として研究・教育を推進してきた。このため、社会科学関連の資料を豊富に持ち、その中に現代インド・南アジアを対象としたものも多く含まれる。また一橋大学には経済研究所(1940年発足)が附置されており、アジア研究部門を含む5つの部門と3つの附属研究施設から構成され、経済学分野の国立大学法人附置研究所としては日本最大規模となっている。

  一橋大学が有する代表的なインド、南アジア関連の資料としては、以下の四つを挙げることができる。(1)経済研究所資料室に所蔵された現代インド・南アジアに関する統計・歴史資料、(2)1991年に本学附属図書館に寄贈された故深沢宏教授(1931-1986)によるインド経済史を中心としたコレクション (「深沢文庫」)、(3)同じく、附属図書館に所蔵されている、本学(高等商業学校)卒業生の故松本浩一郎氏の記念寄贈図書(「松本文庫」)、(4)その他、本学の南アジア地域担当の教員により各自入手・寄贈された図書、雑誌、政府刊行物等である。これらの多くは、国内で所蔵の少ない貴重な資料であり、自由にアクセスが可能となっている。

コレクション紹介

一橋大学経済研究所資料室の統計・歴史資料
  • 対象地域・国  南アジア全域
  • 内容  一橋大学経済研究所資料室では、 かねてからインド・南アジア関連の統計・歴史資料の収集整理が精力的に行われてきた。それらの中でも、特に貴重な資料として、以下の二つが挙げられる。(1)一橋大学名誉教授である故都留重人により寄贈された独立後インドに関する統計資料、(2)1990年以降に開始された経済研究所の三つの共同プロジェクト、「アジア長期経済統計プロジェクト」(COE形成基盤研究費、1995-2000年)、「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築(Hi-Stat)」(21世紀COEプログラム、2003-2007年)、「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」(グローバルCOEプログラム、2008-2012年)によって収集整理された独立後インド政府刊行物、植民地政府関連資料を中心としたマイクロフォームコレクション、および資料の撮影などの方法によって入手された代替資料である。
    当資料室では、上記共同プロジェクトにより、対象地域に関する印刷体系統計資料の 遡及入力を完了した後、所蔵するマイクロフォームコレクションに含まれる個々のタイトルの目録データ化を行った。目録データ化に際しては、各資料が対象とする国(特定の地域を対象とする場合にはその地域名まで)、及び統計資料の主題に関する検索キーを付与し、IER OPAC(オンライン蔵書目録)から検索可能となっている。
    検索方法の詳細については、http://www.ier.hit-u.ac.jp/library/Japanese/statsearch.htmlを参照のこと。
  • 利用案内
深沢文庫
  • 対象地域・国  南アジア全域
  • 内容  一橋大学経済学部の故深沢宏教授(1931-1986)が、30年を超す研究生活の中で収集されたインド経済史を中心とするコレクション。1991年に一橋大学附属図書館に寄贈された。本コレクションは、3,192 冊からなり、英語(約2,000冊)、マラーティー語(約250冊)、ペルシャ語(約250冊)を中心に、さらにサンスクリット語、ラージャスタニー語、ヒンディー語、ウルドゥー語などの現地語文献も含み、中世以降の西部インドの社会経済史的研究に必要な基本文献をほぼ網羅している。その白眉はマラーティー語、ペルシャ語の歴史資料である。その中には、「シヴァージー時代の史料」(全11巻)、「インド史のペルシャ語史料」(全5巻)、「サタラの王および宰相の日録選」(全9巻)、「ペーシャワー時代の社会経済文書」(全1巻)、「ペーシュワー文庫選」(全46巻)、「インド史のペルシャ語史料」(全5巻)などの貴重な現地語史料が含まれている。その他にも、チャップリン(Chaplin, William)、エルフィンストン(Elphinstone, Mountstuart 1779-1859)、サイクス(Sykes, William Henry 1790-1872)等の初期英国行政官の残した調査報告書、ボンベイ地誌、デカン農民反乱に関する報告書類、コルハプール藩王国に関する各種年次報告等が、原本、マイクロフィルム、筆写ノート等の様々な形態で集められている。また、刊本のほか、 現地で収集・作成された、大学ノートにコピーを丹念に貼り付けたものや、コピーを製本してあるものなどもある。これらは、請求記号【Fukazawa……】で、本学附属図書館書庫にまとめて配架されている。
    なお、本コレクションに関するより詳しい情報については、http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/KANE/kane26.htm#taniguti
    文献リスト詳細は、http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/bunko/fukazawa.htmを参照のこと。
  • 利用案内
    • 一橋大学附属図書館 http://www.lib.hit-u.ac.jp/
      (連絡先)
      〒186-8603 東京都国立市中2−1 一橋大学附属図書館
      TEL: 042-580-8237 FAX: 042-580-8351
      利用時間(書庫) 月〜金 9:00-16:30(16:45閉庫)
      休館日 土曜日、日曜日および国民の祝日、年末年始(12月27日から1月4日まで)、
      大学入試センター試験日・学部入学試験日、一橋祭期間中、3・5月の第4水曜日、8月の第4木曜日・金曜日。
      開館カレンダー http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/
      利用に際しては、http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/floor/shoko.htmlを参照のこと。
松本文庫
  • 対象地域・国  南アジア全域ほか
  • 内容   明治35(1902)年に、一橋大学の前身校である高等商業学校の本科を卒業後、三井物産に就職、ボンベイ在任中に29才の若さで客死した松本浩一郎氏の記念寄贈図書(松本文庫)。 本学同窓会ボンベイ支部より、明治41(1908)年から大正3(1913)年にかけて寄贈された。総冊数1,091冊。本コレクションの中には、英国下院議会文書中のインド関連部分の系統的な収集(231タイトル、451冊)など、 学術的に貴重な史料を含むほか、その他インドの歴史、地理、風俗、宗教などの一般書も多く含む。これらは、請求記号【Az:299……】で、本学附属図書館書庫に配架されている。
    本コレクションに関するより詳しい情報については、
    http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/KANE/kane12.htm#taniguti
    文献リスト詳細は、http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/bunko/matumoto.htmを参照のこと。
  • 利用案内
    • 一橋大学附属図書館 http://www.lib.hit-u.ac.jp/
      (連絡先)〒186-8603 東京都国立市中2-1 一橋大学附属図書館
      TEL: 042-580-8237 FAX: 042-580-8351
      利用時間(書庫) 月〜金 9:00-16:30(16:45閉庫)
      休館日 土曜日、日曜日および国民の祝日、年末年始(12月27日から1月4日まで)、
      大学入試センター試験日・学部入学試験日、一橋祭期間中、3・5月の第4水曜日、8月の第4木曜日・金曜日。
      ・開館カレンダー http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/
      ・利用に際しては、http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/floor/shoko.htmlを参照のこと。
一橋大学附属図書館南アジア関係資料
  • 対象地域・国  南アジア全域ほか
  • 内容   一橋大学附属図書館には、上記の「深沢文庫」、「松本文庫 」に加え、1870年代以降のセンサスの全巻、LondonのIndia Office Library所蔵のイギリス東インド会社行政文書の内、Home Miscellaneous Seriesの全巻、Selections from the Government of India, 1849-1937の全巻、Proceedings of the Legislative Councilの内ベンガル州に関わる部分、Journals of Asiatic Society of Bengalの全巻等の資料がある。その他、本学付属図書館には、地域別に特定の場所に配架されている訳ではいないが、社会科学分野の現代インド・南アジア関連書籍・雑誌も豊富に所蔵されている。
  • 利用案内
    • 一橋大学附属図書館 http://www.lib.hit-u.ac.jp/
      (連絡先)〒186-8603 東京都国立市中2-1 一橋大学附属図書館
      TEL: 042-580-8237 FAX: 042-580-8351
      利用時間 月〜金 8:40-22:00 土、日 9:30-17:00
      休館日 休業期間中の土・日・祝日年末年始(12月27日~1月4日)、
      大学入試センター試験日・学部入学試験日、一橋祭期間中、3・5月の第4水曜日、8月の第4木曜日・金曜日。
      開館カレンダー http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/
      利用に際しては、http://www.lib.hit-u.ac.jp/guide/floor/shoko.htmlを参照のこと。

コメントは受け付けていません。