【RINDAS】「ガーンディーの古典宗教解釈:南アフリカ滞在期におけるdaya概念とsarpの喩え」

【日 時】2011年12月2日(金) 15:00〜17:00

 

【場 所】

龍谷大学大宮学舎 清風館3階 共同研究室1(301号室)
(京都駅から徒歩10~15分)
アクセスマップ
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html
キャンパスマップ
http://www.ryukoku.ac.jp/omiya.html (12番の建物)
※注意:キャンパスマップは「左側が南(京都駅方面)」です。
方角にご注意下さい。

【プログラム】
○15 : 00 - 15 : 05 セミナー趣旨説明
長崎暢子(龍谷大学)


○15 : 05 - 17 : 00 研究報告
報告者:間永次郎(一橋大学)
題目:「ガーンディーの古典宗教解釈:南アフリカ滞在期におけるdaya概念とsarpの喩え」


【公開・一般来聴歓迎】
予約不要ですが、資料準備の都合上、事前のご連絡をお願いいたします。
申し込み・問い合わせ:上田知亮(t-ueda[at]ad.ryukoku.ac.jp) *[at]に@を代入

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。