【関連行事】「International Symposium 現代インドにおける発展経路とデモクラシー」

【日 時】2015年2月7日(金) 16:15~18:15

 

【場 所】

京都大学東南アジア研究所稲盛財団記念館3階大会議室

 


【セッション名】
現代インドにおける発展経路とデモクラシー:核軍備・原子力エネルギー政策の変容

【趣旨】
インドの持続可能な発展とデモクラシーにおける課題の一つは、核軍備及び原子力エネルギー政策および制度における問題、換言すれば「核の利用」の問題である。本セッションでは、第一に、なぜインドが核軍備開発ならびに原子力開発を推進するのか、そもそも「核」は国家の発展にとっていかなる位置づけが与えられているか、を検討する。第二に、近年のインドは「責任あるグローバル・ステイクホルダー」を自称し、脆弱と指摘されてきた自国の原子力関連制度の再構築をはかっているがその内実はどのようなものであろうか。このような問題意識の下、原子力安全と原子力賠償、核セキュリティーの領域における原子力制度の変容の在り方について批判的に検討する。さらに、新興国である中国とインドの核政策を比較検討する視角、さらに新政権の核政策と反原発運動の展開を検討する視角を加えることで多角的に考察し、現代インドにおける発展経路とデモクラシーにおける「核」の意義と課題を浮き彫りにする。


【プログラム】
16:15~16:25
本セッションの趣旨説明と報告者およびコメンテーターの紹介(10分)
司会: 田辺明生(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)

16:25~16:50(25分)
報告者①: 中西宏晃(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科研究員)
「インドは責任あるグローバル・ステイクホルダーか:核セキュリティ、原子力安全、原子力損害賠償の分野におけるインドの原子力エネルギーに関する規制および関与の批判的検討」

16:50~17:15(25分)
報告者②:サウラーブ・ドゥッタ・チョードリー(キングスカレッジ・ロンドン校防衛研究科博士課程)
「民生用・戦略的原子力開発計画におけるインドの野望:日印民生用原子力協力に向けた交渉への含意」

17:15~17:30(15分)
コメンテーター: スワラン・シン(ジャワハルラール・ネルー大学国際学研究科国際政治・国際組織・軍縮センター教授)
「新興国の核政策の可能性と限界: 中印比較の観点から」

17:30~17:45(15分)
コメンテーター:  吉田修(広島大学社会科学研究科教授)
「核とデモクラシー:インド人民党政権の核政策と反原発(反核)運動」

17:45~18:15(30分)
質疑応答

※このセッションでは質疑応答もあわせて全て英語で行われます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

Young Scholar Brain Circulation Visit Program International Symposium
Fri. 6th - Sat. 7th February 2015

Indian Session
Sat. 7th February 16:15~18:15  *2 hours in total
Large-sized meeting room, 3rd Floor, Inamori Foundation Memorial Building, Centre for South Asian Studies (CSAS), Kyoto University, Kyoto, Japan

<Session Title>
Development and Democracy in Contemporary India: Transformation of Nuclear Armament and Nuclear Energy Policies

<Aim of Session>
One of issues regarding sustainable development and democracy in contemporary India is transformation of nuclear armament and nuclear energy policies, in other words ‘the use of nuclear’ by Indian themselves. In this session, the following two points will be elaborated: first, why India moves ahead on development of nuclear armaments and nuclear energy programme; and second, what kind of role has been given to the ‘nuclear’ in India for national development by decision makers. On the other hand, currently, India declares ‘a responsible global stakeholder’ in global nuclear governance, and actively reconstructs their nuclear energy regulations which were pointed out as a week nuclear regulation system by international commentators before. In this regard, as third point, transformation of Indian nuclear energy regulations will be carefully elaborated. Moreover, this session includes the following two aspects: first, a comparative analy!
 sis of nuclear policy of emerging powers between India and China; and second, recent trends of the BJP government and anti-nuclear movements in India. Thorough conducting these analyses in depth, this session will clarify challenges and possibilities of ‘nuclear’ on development and democracy in contemporary India.

<Programme>
16:15-16:25   Introduction by the Chair   (10 min)
Chair: Akio Tanabe, Professor, Kyoto University, Japan

16:25-16:50   Presentations by Young Scholars, part 1   (25 min)
Speaker 1: Hiroaki Nakanishi, Researcher, Kyoto University, Japan
Title: Is India A Responsible Global Stakeholder in Global Nuclear Governance?: Critical Analysis of the Transformation of Indian Nuclear Energy Regulations and Commitments in the Fields of Nuclear Security and Safety and Civil Liability for Nuclear Damages

16:50-17:15   Presentations by Young Scholars, part 2   (25 min)
 Speaker 2: Saurabh Dutta Chordhury, Ph.D. Candidate, King’s College London, U.K.
Title: Indian Civilian and Strategic Nuclear Program Ambitions: Implications for Indo-Japan Deal Negotiations

17:15-17:30   Comment by Senior Scholars, part 1   (15 min)
    Commentator 1: Swaran Singh, Professor, Jawaharlal Nehru University, India
Title: Challenges and Possibilities of Nuclear Policy of Emerging Powers: A Comparative Analysis between India and China

17:30-17:45   Comment by Senior Scholars, part 2   (15 min)
Commentator 2: Osamu Yoshida, Professor, Hiroshima University, Japan
Title: Nuclear and Democracy: Nuclear Policy of BJP Coalition Government and Anti-Nuclear Movements in India

17:45-16:15   Q&A Session (30 min)

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。