【関連行事】「南アジア教育の市場化・グローバル化―国際比較の視点から―」

【日 時】2012年7月21日(土)-22日(日)

 

【場 所】

京都大学稲盛記念館(21日:2階セミナー室/22日:3階中会議室)


主催: 科研(基盤B)「南アジアの教育発展と社会変容」
CIAS共同研究会「南アジアの教育における新自由主義」

主旨:
インド・バングラデシュをはじめとする南アジア諸国においても、私立学校や私企業の教育参入、
学校選択制の導入といった教育の私事化・市場化の動きが広がってきた。さらに、国際競争の激化に
ともない、グローバルな教育システムとの連結を視野に入れた専門性の高い学位・資格の導入や、
試験制度改革をはじめとして質保証制度の本格的導入が図られている。その一方で、教育における
公平・公正や格差是正・平等化の課題も、あらための広く認識され、改革への取り組みも活性化してきた。
こうした動きは、現在、世界で広く認められるいわゆる「新自由主義的」な教育の動きの事例とみることもできる。
今回のワークショップでは、ラテンアメリカや中国に関する報告も含めて、新自由主義的な教育の動きと
その社会的影響、および新自由主義に拮抗する教育改革や人々の対応を、国際比較の視点から検討し、
各地域に共通する点と地域的特質を考察することを試みる。

プログラム:(敬称略)
【7月21日(土)】
13:00趣旨説明
13:20   発表①押川文子「『国家知識委員会』から高等教育関連法改正へ―高等教育改革における新自由主義」
14:30   発表②佐々木宏「続・田舎のMBA」
15:40   休憩
16:00   発表③篠原清昭「中国における教育の市場化―学校民営化の実態」
17:00   コメント:南部広孝+総合討論
18:00   懇親会

【7月22日(日)】
09:30   発表④小原優貴「インドにおける低授業料の私立学校と支援ネットワークのグローバル展開」
10:40   発表⑤南出和余「バングラデシュの学校の市場化―私立学校とNGO学校の役割と位置づけ」
11:50   昼食休憩
13:00   発表⑥斎藤泰雄「教育における国家原理と市場原理―チリの先駆的経験と教訓」
14:10   発表⑦山本晃輔「ブラジルの教育改革―格差をいかに克服するか」
15:20   休憩
15:30   コメント:村上勇介+総合討論
16:30   終了

※ 参加ご希望の方は、①参加希望日(1日目・2日目)、②懇親会参加の希望、③2日目の昼食弁当(実費800円)の
要不要を1週間前までに、南出(kazuyom[at]andrew.ac.jp )までご連絡ください。
※[at]を@に変えてお送りください。

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。