【関連行事】「21世紀のアジア研究はどこに行くか? ―東アジア・東南アジア・南アジアへのアプローチ―」[立教大学シンポジウム]

【日 時】2012年7月7日(土) 16:30-19:00

 

【場 所】

立教大学池袋キャンパス(東京都豊島区西池袋3-34-1)12号館1階第3・4教室
アクセス  http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
キャンパスマップhttp://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/

「21世紀のアジア研究はどこに行くか?  ―東アジア・東南アジア・南アジアへのアプローチ―」
現代アジアは、めまぐるしい速度で変貌しています。そうしたアジアを研究者はどのように捉えてきたのか。既存の研究概念や理論仮説をどのように乗り越えようと しているのか。21世紀のアジア研究の新しい展開をめざして、ドイツを拠点とする 研究者と日本を拠点とする研究者の知的対話を行います。どうぞ奮ってご参加くだ さい。

◆日  時:2012年7月7日(土)16.30-19.00
◆場  所:立教大学(池袋キャンパス)12号館B1階第3・4会議室
◆使用言語:英語
◆参 加 費:無料(事前の申込みをお願いいたします)
◆お申込み:asiawomenrikkyo@gmail.com まで、氏名、ご所属、e-mailアドレスをご記 入いただき、件名に【7/7 国際ワークショップ参加希望】と明記の上、ご連絡ください。座 席に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

◆プログラム:
司会者: ヴォルフガンク・ブレン(ベルリン日独センタープロジェクトマネージメント部長)
園田 茂人 (東京大学教授)


セッション1: 東アジア
ビョルン・アルペルマン(ヴュルツブルク大学教授)
高橋 伸夫(慶應義塾大学教授)
丸川 知雄(東京大学教授)

セッション2: 東南アジア
クラウディア・デーリヒス(マールブルク大学教授)
吉村 真子(法政大学教授)
山本 信人(慶應義塾大学教授)

セッション3: 南アジア
ナディア=クリスティーナ・シュナイダー(フンボルト大学教授)
田辺 明生(京都大学教授)

【お問合せ】
立教大学法学部竹中千春研究室 asiawomenrikkyo[at]gmail.com                       
[at]を@に変えて送信してください。

【一般参加者歓迎】

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。