【関連行事】「フィールドワークと成果公表の問題」[GLOCOLセミナー]

【日 時】2012年6月6日(水) 18:40-20:10

 

【場 所】大阪大学人間科学研究科東館207教室(吹田キャンパス)

題 目:フィールドワークと成果公表の問題
講 師:石坂晋哉(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科客員研究員)
参 加:無料、事前申し込み不要
主 催:大阪大学グローバルコラボレーションセンター

北インドのテーリー・ダムは、長年にわたる地元住民や環境保護団体による反対運動が展開されたにも関わらず、2006年に完成しました。本セミナーでは、テーリー・ダム反対運動について調査研究をおこなってきた石坂晋哉氏をお招きし、
フィールドワークをつうじて得た知識や情報を研究成果として公表する際に、調査者であると同時に当事者であるフィールドワーカーが直面するさまざまな葛藤についてお話いただきます。

※ 本セミナーはGLOCOL科目「フィールドワークの実践と倫理」の授業の一環として行われるものですが、一般公開とします。
http://www.glocol.osaka-u.ac.jp/research/120606.html

お問い合わせ:
大阪大学グローバルコラボレーションセンター:info[at]glocol.osaka-u.ac.jp
([at]を@に変えて送信してください)

【一般参加者歓迎】

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。