【関連行事】「南アジアのメガ都市研究(2)デリー」(第8回全球都市全史研究会)

【日 時】2011年10月9日(日)

 

【場 所】総合研究2号館4階第一講義室(AA401室)
京都市左京区吉田本町 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
URL: http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access.html
【プログラム】

講演1 13:00-13:40

山根周(滋賀県立大学人間文化学部)

「デリー旧市街の街区空間の構成(仮題)」

講演2 13:40:14:20

由井義通(広島大学大学院教育学研究科)

「デリー首都圏地域の開発-グルガオンとノイダの事例-」

討論 14:20-15:00

休憩 15:00-15:20

講演3 15:20-16:00

木下彰子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

「デリーにおけるヤムナー河汚染問題とヒンドゥー教宗教実践の変容」

講演4 16:00-16:40

中谷哲弥(奈良県立大学地域創造学部)

「インド・デリーにおける近隣関係の構築と都市化・再開発 -東パキスタン避難民コロニーを事例として-」

講演5 16:40-17:20

山田協太(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

「日常生活・宗教施設・カーストから南アジアの都市と都市システムを考える:インド洋の集散港コロンボの都市空間変容の5世紀」

討論17:20-18:00

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。