【関連行事】[第44回南アジア研究集会]【Related Conference】

【日 時】2011年7月16日(土)~17日(日)1泊2日

 

Poster: PDF
【場 所】場 所:愛知県西尾市
宿泊先:丸十旅館
愛知県西尾市吉良町宮崎上ノ山68
TEL: 0563-32-0134 http://www.kira-marujyu.com/
【プログラム】
7月16日(土)
12:30 受付開始
13:00~17:30 シンポジウム「『カースト』再考」

本シンポジウムは、「カースト(制度)」と関わる様々な学問領域 (経済学、政治学、地域研究、文化人類学、歴史学など)の研究者を招き、「カースト」という言葉で何を把握し、理解しようとしてきたのか、しているのかを問うものである。「カースト」は、インド社会・文化の特殊性・異質性を物語る不変の特徴としてしばしば表象されてきたが、現在において「カースト」を論じることの有効性はどこにあるのか、さらにはどのような可能性が残されているのかをあらためて考えてみたい。

趣旨説明: 小西公大

報告(論題は仮題):
伊藤高弘「カースト間格差の経済分析」
上田知亮「現代インド政治におけるカースト」
拓徹「ジャンムーにはなぜシュードラがいないのか――19世紀北インド丘陵部カースト編成についての一仮説」
小牧幸代「同胞の序列化?――北インド・ムスリム社会における職業・婚姻・贈与をめぐる諸観念と諸関係」
根本達「仏教への改宗運動とカースト」

コメンテーター: 田辺明生
司会: 太田信宏

18:00~ 夕食・お風呂など
19:30~ 懇親会

7月17日(日)
9:00~12:15 自由論題発表(論題は仮題)

飯塚真弓(京都大学大学院人間・環境学研究科)「ヒンドゥー寺院司祭集団にみる禁欲の実践――南インド・チダンバラムのディークシタルを事例に」
板倉和裕(広島大学大学院社会科学研究科)「憲法制定とインド世俗主義の成立」
梅村絢美(首都大学東京大学院人文科学研究科)「発話がまねく禍、沈黙がもたらす効力――スリランカ土着の伝統医療パーランパリカー・ヴェダカマの知の継承と医療実践」
脇田道子(慶應義塾大学大学院社会学研究科)「『アルナーチャリー』か『トライブ』か――アルナーチャル・プラデーシュのモンパの場合」

司会: 杉本浄、萬宮健策

12:15~13:30 昼食

13:30~15:00 講演:小谷汪之「日本におけるインド研究の回顧と展望」

15:00頃 現地解散

********************************
(セキュリティ強化と確認作業の効率化のため、
できるかぎりウェブ・フォーム (http://goo.gl/eIhxh)からの
参加申し込みをお願いします。)

<参加申込書>
名前:
名前(ローマ字):
所属:
性別:
メールアドレス:
ご希望の項目に○印を付してください。
(○)参加費 300円
( )宿泊費(含夕食・朝食代) 8,610円
( )懇親会費(16日夜) 500円
( )17日昼食代 525円
( )ベジタリアン希望
全日程に参加された場合の合計金額は9,935円になります。
なお、慣例どおり、宿泊は相部屋になるものとご了解ください(男女別)。

<振込方法>
①ゆうちょ銀行からお振込みの場合
振替口座名称:第44回南アジア研究集会事務局
口座記号番号:00150-7-306691
②他の金融機関からお振込みの場合
店名(店番):〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
口座番号:当座0306691

以上、よろしくお願い申し上げます。
ご質問等がございましたら、事務局メールアドレス
(minamiajia44[at]gmail.com)までお問い合わせください。

 

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。