【関連行事】[日本南アジア学会第41回月例懇話会]

【日 時】2011年5月7日(土)14:00〜

 

【場 所】東京大学本郷キャンパス法文2号館 第3会議室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
発表者:森悠子(一橋大学経済学研究科博士課程)
発表タイトル:「留保議席制度と投票行動-インドにおける実証分析-」

発表要旨:インドでは、独立以来、指定カーストと指定部族に対する留保議席制度が採用されている。この制度の下では、留保区に指定さ
れた選挙区において、全ての有権者は指定グループの候補者にしか投票できない。本発表では選挙に関する大規模個票データ(NES)を用い
、これまで分析されることのなかった、留保議席制度と指定グループやそれ以外の有権者の投票行動について分析してみたい。

問い合わせ先:kodai1207●yahoo.co.jp 《●を@に変更》

懇話会担当委員
小西公大・杉本浄・和田一哉

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。