【関連行事】[第43回南アジア研究集会]

【日 時】2010年9月24日(金)~25日(土)1泊2日

 

【場 所】静岡県静岡市
宿泊先:旅館 伯梁(2009年度第42回会場と同じ宿です)
〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保2993-5
TEL: 054-334-0105 http://hakuryo.ftw.jp/
9月24日(金)

12:30 受付開始

13:30~
セッション:「南アジア歴史/地域研究における新しい文化資源の探求」
南アジア歴史/地域研究において、文書(テキスト)が主要な史料であることに変わりはないが、近年、図像や築造物、その他の何らかの文化的な背景をもつ物的な資料を重視するかたちで、新たな史料群の探求が進展している。本セッションでは、中世―近世史から近現代史、さらに地域研究まで幅広く対象を設定し、このような新しい手法を用いた研究が、それぞれの時代の政治史や社会経済史にもたらしつつある新しい解釈や論証について知見を深めることを目的とする。
(以下、順番は未定;仮題)

報告:
三田昌彦(名古屋大学):「テクストのマテリアリティ:文化資源としてのインド中世「史料」」
大石高志(神戸市外国語大学):「近代インドにおける消費の政治化:文化資源の探求からの検証と考察」
金谷美和(国立民族学博物館):「テキストからテキスタイルへ:染織資料が拓く地域研究の可能性」
宮本隆史(東京大学・学振 DC):「南アジア地域研究におけるデジタル・アーカイヴ構築の可能性と課題」

ディスカッサント:太田信宏(東京外国語大学)

18:00~ 夕食・お風呂など

19:30~ 懇親会

9月25日(土)

9:00~ シンポジウム

「実践知の揺れと葛藤」
前回研究集会では「南アジアが変わる 南アジアで変わる:『実践知』の展開とその可能性」というテーマを立て、農業技術支援や人材育成、国際報道、観光振興などの諸分野で実績を積み上げてこられた方とその近接分野で学術研究に従事する研究者が向き合いました。今回は、前回での時間的制約やフロアーからの様々な反応をふまえ、前回のテーマをより発展させた形で議論したいと考えています。具体的には、学術調査、国際協力事業、経済投資などを通じて南アジア社会との関係を模索する過程で、何らかの葛藤や矛盾、「失敗」に向き合った生きた事例に焦点を当て、今後の南アジア研究や日本と南アジアとの交流のあり方、さらには、「実践知」の構築・集積について考察を深める場としたいと考えています。

司会:中谷哲弥(奈良県立大学)

報告:
大石高志(神戸市外国語大学)「前回シンポジウムの回顧」

清好延(元三菱商事 現インド・アジア開発(有))「足掛け23年の駐在から見えてきたもの」

小野山亮(「スリランカ・ピースレポート」運営(インターネット)/特定非営利活動法人 WE21ジャパン 職員)
「スリランカの 民族紛争と平和への道のり-NGO職員としての駐在と撤退を経てー」

田辺明生(京都大学)「日本と南アジア:実践知の倫理/政治」

杉本浄(東京外国語大学)「オリッサ貝葉プロジェクト顛末記:文化財を扱うことの困難」

(なおこの間、12:00より昼食の時間が1時間あります)

15:00頃~
講演:臼田雅之(東海大学)
「デスクワーカーがフィールドに立ったとき―フィールドで生き延びる実践知―」

 

17:00~ 現地解散

―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ―― ――

申込方法:9月1日(水)までに、以下の事項にご記入の上、事務局メールアドレス宛
(minamiajia43[at]gmail.com)にお申し込みいただくと同時に、お振込みの手続きをお願いいたします。
(※[at]は@に変更してください。)

<参加申込書>

名前:
所属:
性別:
住所:
電話番号:
メールアドレス:

ご希望の項目に○印を付してください。

(○) 参加費:500円
( ) 宿泊費(含夕食・朝食代) 7000円
( ) 懇親会費(24日夜):800円
( ) 25日昼食費:700円
( ) ベジタリアン希望

全日程に参加された場合の合計金額は9000円になります。

*なお、慣例どおり、宿泊は、相部屋になるものとご了解くださいませ(男女別)。

<振り込み方法>
(1)郵便局からお振込みの場合

郵便振替口座名(加入者名):第43回南アジア研究集会事務局
口座番号:00910-0-322056

(2)郵便局以外の金融機関からお振込みの場合

口座名(加入者名):第43回南アジア研究集会事務局
店名:〇九九店(あるいは店番099)
口座番号:当座 0322056

なお、メールを使われない方は、かならず郵便局をお使いになり、上記の参加申込書の諸事項を郵便振替口座用紙に御記入ください。

以上、宜しくお願い申し上げます。ご質問等ございましたら、事務局メールアドレス(minamiajia43[at]gmail.com)までお問い合わせください。(※[at]は@に変更してください。)なお、末尾になりましたが、今回の広報の時期が、前回予告でお知らせしましたものより、遅れましたことを、お詫び申し上げます。

 

第43回南アジア研究集会幹事
大石高志=杉本浄(幹事代表:連名) 石坂晋哉 小西公大 中谷哲弥 中溝和弥
事務局アドレス:minamiajia43[at]gmail.com (※[at]は@に変更してください。)

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。