【HINDAS】「軍務と市民権―『1997年以前グルカ兵』の英国在留権獲得をめぐる運動・論争の分析」[HINDAS第7回研究集会]

【日 時】2011年2月5日(土)13:00-17:00

 

【場 所】広島大学大学院文学研究科1階 B153講義室(東広島キャンパス)
(http://home.hiroshima-u.ac.jp/hindas/20101225_m6.html)
広島大学拠点(HINDAS)では、2月5日(土)に下記の内容で第7回研究集会を開催いたします。

2010年度HINDAS第7回研究集会(研究ユニット1・2合同主催)

1)第1報告(13:00-14:10)
上杉妙子(専修大学)
「軍務と市民権―『1997年以前グルカ兵』の英国在留権獲得をめぐる運動・論争の分析」

2)第2報告(14:25-15:35)

中條曉仁(静岡大学)
「インド・ウッタラカンド州におけるヒマラヤ・ヒルリゾートの実態」

3)第3報告(15:50-17:00)
日野正輝(東北大学)
「経済自由化後のインドの都市化ー従前の都市化モデルによる説明の有用性と限界」

※終了後,西条駅周辺で懇親会の開催を予定しています。

HINDASウェブサイトでもご案内しています。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/hindas/20101225_m6.html
【一般参加者歓迎】

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。