【FINDAS】「南アジア諸言語による現代文学の最新事情」[FINDASワークショップ]【FINDAS】

【日 時】2011年 11月6日(日)13:00~17:00

 

【場 所】

東京外国語大学 府中キャンパス アゴラ・グローバル3階
プロジェクト・スペース
http://www.tufs.ac.jp/access/tama.html

【テーマ】
『南アジア諸言語による現代文学の最新事情』

【趣旨】
変貌をとげつつある南アジア社会のリアルな状況を、文学という彼ら自身の言語表現の中に探ってみたい。併せて、多言語の全てを網羅することは能わな いが、代表的な複数の言語にわたる文学状況を鳥瞰的に観察することによって、南アジア各地域の文化的動態のうねりを明らかにしたい。

【プログラム】
司会:萬宮健策
報告 13:10~(各30分 質疑を含む)
石田英明 「ヒンディー文学とマラーティー文学」
丹羽京子 「バングラデシュの現代小説」
萩田 博 「現代ウルドゥー小説の動向 ―象徴小説と抽象小説の流れ―」
深尾淳一 「タミル現代文学の諸相―その一端を探る」
関口真理・大工原彩 「現代英語小説:多様化する作家、空間、視点」
全体討論 16:00~17:00

【お問い合わせ先】
FINDAS事務局 findas_office[at]tufs.ac.jp ([at]は@に変更してください)

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。