【FINDAS】[第4回研究会]

【日 時】2011年7月9日(土) 13:00~

 

【場 所】本郷サテライト7F 会議室(アクセスマップ→http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
今年2011年は、ベンガルの詩人ラビンドラナート・タゴールの生誕150周年にあたります。また5月には、丹羽京子著『人と思想 タゴール』(清水書院)が出版されました。これを機に、現代インド地域研究外大拠点(FINDAS)は、タゴールがベンガル文学に与えた影響、近代ベンガル社会におけるタゴールの位置づけ、タゴールと日本知識人との関係など、改めてタゴールを多角的に検討する会を開催します。

タイトル:<現代(いま)、タゴールを読む>

第一部 丹羽京子 「ベンガル詩人がみるタゴール」

第二部 『人と思想 タゴール』書評会 臼田雅之(東海大学) 「タゴールと近代ベンガル人の世界」 外川昌彦(広島大学) 「タゴールとその周辺」

 

 

パーマリンクをブックマーク

コメントは受け付けていません。