イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS】第1回セミナー(共催:南アジア・インド洋世界研究会)

2015年5月11日 @ 4:00 PM - 6:00 PM

【日時】2015年5月21日(木)15:00~17:30

【場所】京都大学本部構内総合研究2号館 AA447

【発表者1】中村沙絵(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属現代インド研究センター)

【タイトル】老いと扶養をめぐる臨床的現実とその社会文化的文脈――スリランカ・シンハラ社会の事例から

【発表概要】今回の発表は、2014年度に提出した博士論文『スリランカのヴァディヒティ・二ヴァーサ(高齢者の家)――施設における老いと扶養に関する人類学的研究』の議論をもとに、微視的な相互行為としてのケアと、それが生起する文脈との連関について改めて考えるものである。臨床現場のエスノグラフィーは、巻き込む/巻き込まれる、あるいは相手の思いや広義の情動を間主観的に掴んで関わりあうというような、人と人の「あいだ」で生じている事柄を描き出し、ケアの現場における生の実相に迫る一つの方途を示した。しかしこうした臨床的現実の記述において、それがおかれたより広い文脈が積極的に取り上げられることは少なかったといえる。本発表では、私にとって異質でもあった臨床現場におけるアクチ ュアリティを、しかし「文化」の実体化や一般化に陥ることなく、いかに記述することができるのかを考えてみたい。

【発表者2】佐藤孝宏(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属現代インド研究センター)

【タイトル】半乾燥地における農地利用の変容可能性―インド・タミルナードゥを事例として―

【発表概要】年間降水量1000㎜以下の土地が国土の半数を占めるインドでは、農業集約化や、商品作物導入に灌漑水の確保が不可欠である。1990年代以降、農産物市場の拡大や個人用井戸の普及を背景として、一部の地域で商品作物栽培が拡大したが、その一方、灌漑水の確保が困難な地域では、耕作放棄が急速に進んでいる。本発表では、社会・生態システムがダイナミックな変化を示す、インド・タミルナードゥを事例として、農民がどのようにして自らの生計を確保しているのかについて、これまでの自身の研究を踏まえて議論したい。

【対象者】本研究会はどなたでも参加できます。

【問い合わせ】中村(nakamura[at]asafas.kyoto-u.ac.jp、[at]を@に変換して送ってください)

【概要】中村氏は、スリランカの老人ホームで収集した語りや民族誌的データを、看護学における「共感疲労」の内容に照射させながら、臨床現場での関係性に見いだせる普遍性と固有性について論じた。参加者からは、看護師たちの置かれた社会経済的環境、フィールドにおける死生観の影響などについて質問がなされた。佐藤氏は、インド・タミルナードゥにおける水資源の減少や商品作物栽培の不均等な拡大など社会・生態システムの変容に触れ、灌漑水確保が難しく耕作放棄が進む地域において、農民たちがいかなる生計手段を見出しうるのかについて、侵入種の植物をめぐる新たな産業や流通システムの展開を例に論じた。討論では、調査村からの地主の都市部への移住など人口動態から捉えられる同地域のダイナミズムについて、また政府の通達で同植物がすべて伐採されたという近年の展開とその背景などについて議論がなされた。

詳細

日付:
2015年5月11日
時間:
4:00 PM - 6:00 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学本部構内 総合研究2号館AA463(カンファレンス・ルーム)