イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS】特別講義How democracies should respond to ethnic diversity

2015年5月7日 @ 1:00 PM - 2:30 PM

【日時・題目】 第一回:2015年5月7日(木)13:00〜14:30 How Democracies Should Respond to Ethnic Diversity I

第二回:2015年5月21日(木)13:00〜14:30 How Democracies Should Respond to Ethnic Diversity II

【場所】京都大学本部構内 総合研究2号館4階 AA447 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

Prof. Kanchan Chandra is one of the leading scholars in the field of Ethnic Politics in South Asia. This time, she will be delivering lectures on democracy(ies) and ethnic diversity in general, not limited to South Asian experience. The lectures will touch upon both theoretical and practical issues and is open to anyone who’s interested in ethnic politics, democratic theory, political parties and elections, violence, comparative research methods etc. Lecture will be given in English, and is open to graduate students and postdoc scholars. For those who want to attend the lectures, please send an email to the below address: Nakamura: nakamura[at]asafas.kyoto-u.ac.jp

【概要】民族政治(ethnic politics)を問題視する民主主義の一般的な議論では、民族アイデンティティが固定的な実体としてみなされているのに対して、Chandra氏は民族アイデンティティ(人種、カースト、宗教、出自などを含む広義の定義)の複数性や変容可能性に着目し、これを選挙政治に積極的に取りいれることで、包摂(Inclusion)を促す民主主義的な制度が構築される可能性が拓けると論じた。包摂を目的とする民主主義的な民族政治とは、「より多くの多数派(more majority)」を目指す制度であり、すべての市民にとって彼らが属する何らかの(少なくとも一つの)カテゴリーからの代表が政府に含まれる可能性が保証されていることを指す。討論では、Chandra氏の提起するアイデアの実行可能性、異なる歴史的文脈をもつ地域での妥当性、民族の創造(ethnic invention)にもとづく政治制度が新たな社会の亀裂をもたらす可能性などについて議論が交わされた。

詳細

日付:
2015年5月7日
時間:
1:00 PM - 2:30 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学本部構内 総合研究2号館4階 AA447