イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【TINDAS】2017年度第二回TINDAS研究会(歴史班)

9月 28 @ 5:00 PM - 7:00 PM

2017年度第二回TINDAS研究会(歴史班)

共催:日本学術振興会・インドとの共同研究(ICSSR)「農村資源の重層的ガバナンスの歴史と現在:日印の比較制度分析」(代表:櫻井武司〔東京大学大学院農学生命科学研究科〕)、ASNET

 

【日時】2017年9月28日(木) 17:00- 19:00

【場所】東京大学本郷キャンパス東洋文化研究所3階第一会議室

アクセス:http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/

 

【題目】“New Perspectives on Development and Its Impact on Rural Society of India

 

【発表者】

Vijay Kumar Thangellapali (Associate Professor, Department of History, Sikkim University)

Land Revenue Settlements and Property Rights: Peasant Insecurity and Sufferings in Colonial South India

 

Bhangya Bhukya (Associate Professor, Department of History, University of Hyderabad)

Indian State and its Adivasis/indigenous people

 

Jagannath Ambagudia (Associate Professor, Tata Institute of Social Sciences Guwahati Campus)

Competing Communities and Sites of Marginality: Adivasis/Indigenous People, Migrants and the State in India

 

【使用言語】英語

【連絡先】池亀彩(東京大学東洋文化研究所) ayaikegame [at] ioc.u-tokyo.ac.jp

*本セミナーは入場無料、参加自由です。

詳細

日付:
9月 28
時間:
5:00 PM - 7:00 PM
イベントカテゴリー:

会場

東京大学本郷キャンパス東洋文化研究所3階第一会議室