イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【関連行事】東洋文化研究所セミナー “Entangled Pasts and Contested Futures: A Family History of the Rajas of Mahmudabad (UP)”

8月 29 @ 5:00 PM - 7:00 PM

◆ 2017年度東文研セミナー

 

【日時】2017年8月29日(火) 17:00-19:00
【場所】東京大学東洋文化研究所第一会議室(304号室)

アクセス:http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/

 

【報告者】Prof. Mohammad Amir Ahmad Khan (Ashoka University; the Mahmudabad family)
【題目】Entangled Pasts and Contested Futures: A Family History of the Rajas of Mahmudabad (Uttar Pradesh)

 

[報告者紹介]
東京大学東洋文化研究所では、この度、アショーカ大学のモハンマド・アミール・アフマド・ハーン(通称アリー・ハーン・マフムーダーバード)博士をお招きし、東文研セミナー(講演会)「Entangled Pasts and Contested Futures: A Family History of the Rajas of Mahmudabad (Uttar Pradesh)」を開催いたします。アリー・ハーン博士は2015年に19世紀半ばから20世紀半ばの北インドにおけるムスリムの政治思想を扱った学位論文でケンブリッジ大学から学位を取得した新進気鋭の歴史学・政治学研究者であるとともに、本講演会で扱われるウッタル・プラデーシュ州マフムーダーバードのラージャー家の後継者でもあります。
1258年のモンゴルによるバグダード征服を契機に南アジアに移住してきたというマフムーダーバードのラージャー家は、アワド藩王国時代の18世紀の末にスンナ派から転じたシーア派の家系であり、先々代と先代のラージャー(アリー博士の曾祖父と祖父)は分離独立運動前の全インド・ムスリム連盟で重要な役割を果たした人物です。この家系の現況からはまた、分離独立後のインドでムスリム・エリートを取り巻く状況について、様々な知見と洞察を得ることができます。この度の講演会では、当事者としての知識・熱意と研究者としての客観性をあわせもつアリー・ハーン博士にこの興味深い家系の歴史をたっぷりお話しいただきます。ご関心をお持ちの皆さまのお越しを心からお待ちしています。この講演会は東洋文化研究所(東文研セミナー)、ASNET(Network for Education and Research on Asia)、The Association for the Study of Persianate Societies, Japan Office(Gilas Lecture Series) の共催で開催します。(文責:森本一夫)
 

講演会は一般に公開されており、事前登録・資料代などの費用は不要です。

講演、質疑とも全て英語で行われます。

 

発表要旨:
This paper aims to explore the history of the Mahmudabad family, in Awadh (currently Uttar Pradesh, India). Using Braudel’s longue durée approach to history the first section of the presentation will trace the history of the family from their advent in India in the aftermath of the Mongol invasion of Baghdad in 1258 to their service at the courts of various rulers and dynasties.
The subsequent section will address the history of the family in the 19th and 20th centuries when they went from being a small and regional player to leading and participating in the uprising of 1857 and subsequently being at the forefront of the independence and nationalist movement. Concomitantly the family’s religious beliefs, patronage of institutions and cultural practices will also be addressed while keeping in mind three overlapping spheres: the regional, the emerging national and the transnational.
The final section will deal with the aftermath of the partition of the India and indeed of the family and will trace some of the political, social and economic vicissitudes faced by them. This will offer an opportunity to explore some larger themes including most importantly ideas of belonging and patriotism that remain deeply relevant in India to this day.
 

【連絡先】森本一夫(morikazu[at]ioc.u-tokyo.ac.jp

 

詳細

日付:
8月 29
時間:
5:00 PM - 7:00 PM
イベントカテゴリー:

会場

東京大学東洋文化研究所第一会議室(304号室)