イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【RINDAS】2017年度RINDAS第2回国際ワークショップ「バングラデシュをめぐる現在的課題を考える」

6月 17 @ 2:00 PM - 5:30 PM

2017年度RINDAS第2回国際ワークショップ「バングラデシュをめぐる現在的課題を考える」[共催:龍谷大学アジア仏教文化研究センター(Research Center for Buddhist Cultures in Asia (BARC), Ryukoku University)、龍谷大学世界仏教文化研究センター(Research Center for World Buddhist Cultures, Ryukoku University)、南アジア地域研究・京都大学拠点・バングラデシュ研究会(Bangladesh Research Unit of KINDAS)]

 

【日時】2017年6月17日(土) 14:00~17:30

【場所】龍谷大学大宮キャンパス 清風館3階・共同研究室

[大宮キャンパス・アクセス]
京都市下京区七条大宮(京都駅から徒歩約15分)
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html
[大宮キャンパス・施設地図]
http://www.ryukoku.ac.jp/omiya.html
(会場は、上記リンク地図内12番の建物になります。
地図は、右方向が北になっておりますので、ご注意ください。)

 

【テーマ】バングラデシュをめぐる現在的課題を考える

 

 

【プログラム】

 

〈開会の辞〉

若原雄昭(龍谷大学・文学部・教授)
Dr. Dilip Kumar Barua (Professor, Department of Pali and Buddhsit Studies, University of Dhaka)

 

〈報告者・タイトル、コメンテータ〉
Dr. Sikder Monoare Murshed (Professor, Department of Linguistics, University of Dhaka)
“The Impression of Rabindranath Tagore towards Japan and Buddhism”
コメンテータ:嵩 満也(龍谷大学・国際学部・教授)

Dr. Zeenat Huda (Professor, Department of Sociology, University of Dhaka)
“Rise of Religious Terrorism in Bangladesh: Causes and Consequences”
コメンテータ:南出和余(桃山学院大学・国際教養学部・准教授)

Dr. M Wahiduzzaman (Vice-Chancellor, Noakhali Science and Technology University)
“Penetration of Homeless Rohingya in Bangladesh: Potential Threat to National Security”
コメンテータ:高田峰夫(広島修道大学・人文学部・教授)

 

〈閉会の辞〉

嵩 満也(龍谷大学・国際学部・教授)

 

 

【使用言語 :英語】

【一般参加歓迎】

【連絡・問合せ先:舟橋健太(funahashi@ad.ryukoku.ac.jp)】

(資料等準備の関係上、ご参加される方は事前にご一報いただければ幸いです。)

 

詳細

日付:
6月 17
時間:
2:00 PM - 5:30 PM
イベントカテゴリー:

会場

龍谷大学大宮キャンパス 清風館3階・共同研究室