イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【関連行事】 2016年度 南アジアセミナー

2016年6月14日 @ 6:00 PM - 8:00 PM

GLOCOM-ABE FELLOWSHIP SEMINAR

Transforming the Japan-India IT relationship
IT産業と専門技術者を巡る日印関係と課題

Speaker:
Anthony P. D’COSTA アンソニー・P・ダコスタ
Chair and Professor of Contemporary Indian Studies, University of Melbourne/ Abe Fellow (2003)
メルボルン大学オーストラリア・インド研究所 教授 / 安倍フェロー(2003年度)

Moderator:
Tomoaki WATANABE 渡辺 智暁
Project Associate Professor, Keio University / Executive Research Fellow, GLOCOM, IUJ
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授/ 国際大学GLOCOM主幹研究員

When:
Tuesday, June 14th 2016, from 6 pm to 8 pm (an informal reception follows)
2016年6月14日(火)午後6時~8時(事後略式レセプションを予定)

Where:
GLOCOM Hall, Harks Roppongi Bldg. 2nd floor, 6-15-21 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
「国際大学GLOCOM ホール」東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階
http://www.glocom.ac.jp/access

Notes:
The seminar will be conducted in English. Admission is free.
使用言語は英語です。参加無料。

御出席の際には以下に御記入の上Eメールあるいはファックスでお知らせください。御興味のある方を御誘いいただければ幸いです。
RSVP by sending this form by email or fax. Your colleagues and friends are also welcome.
Email: ssrcABE@gol.com Fax: 03-5369-6142 Phone: 03-5369-6085

Name(氏名)_________________________ Affiliation(所属) __________________________

Tel/Fax _____________________________ Email ___________________________________

このセミナーは国際大学GLOCOMと安倍フェローシップ・プログラムによる共催事業です。安倍フェローシップは国際交流基金日米センター(CGP)の中核事業で米国社会科学研究評議会(SSRC)が共同で運営しています。
This event is jointly sponsored by the International University of Japan Center for Global Communication and the Abe Fellowship Program. The program is administered by the Social Science Research Council (SSRC) with funding provided by Japan Foundation Center for Global Partnership (CGP).

GLOCOM-ABE FELLOWSHIP SEMINAR

“Transforming the Japan-India IT relationship”
IT産業と専門技術者を巡る日印関係と課題

The phenomenon of international migration has been widely studied but there has been little investigation of the contemporary phenomenon of professional mobility. In this brief presentation I will look at the reasons for and the ways in which the mobility of professionals is institutionally restricted and facilitated by states and firms. In the context of global economic integration the changing structures of capital accumulation, from manufacturing to services, induce the international movement of people. However, mobility is also circumscribed by national institutions such as governments, business, and labor. I argue that the impediments to international mobility posed by local institutions cannot be durable if the prospect for capitalist expansion is severely jeopardized. By looking at the IT industries of Japan and India I argue that hitherto inhibiting institutions in Japan must adjust to the imperatives of business competitiveness and expansion despite the institutional propensity to not do so. This presentation is based on a larger research project “Globalization, Development, and Skilled Worker Mobility from India to Japan” originally funded by an Abe Fellowship. The research findings have just been published in the new book, International Mobility, Global Capitalism, and Changing Structures of Accumulation: Transforming the Japan-India IT Relationship (2016).

人の国際移動は広く盛んに研究されているが、専門技術者等の高度な技能を持ったプロフェッショナルの移動という現代的な現象に関する研究は少ない。今回のセミナーではこのような人材の異動が国家や会社によって制度的に抑制されたり、促進されたりする原因と過程を探る。グローバル経済の統合を背景に製造業からサービス業にいたるまで資本蓄積の構造変化が国際的な移動を促す。しかしながら、人の移動は、政府、ビジネス、労働等の国家レベルの制度によって制限されている。経済成長の見込みが危ぶまれるとなれば、地域的な制度による国際移動の障害は持続しえない。日本とインドのIT産業に関しては、難しいことかもしれないが日本の抑制的な制度は企業競争と発展の必要性に対応して変更されるべきである。ダコスタ教授の講演は安倍フェローシップ研究プロジェクト「グローバリゼーション、開発、そして技術労働者のインドから日本への移動」に基づいたものであり、研究成果は新著『日印のIT関係の変化:国際的な流動性、グローバル資本主義、資本収集の構造変化』今年出版されている。

講師紹介Biographical Information

Anthony P. D’Costa is Chair and Professor of Contemporary Indian Studies at the University of Melbourne. He has published on the political economy of development, global capitalism, and industrial restructuring using the steel, auto, and IT sectors. He has edited and coedited Transformation and Development: The Political Economy of Transition in India and China (2012), Globalization and Economic Nationalism in Asia (2012), and After-Development Dynamics: South Korea’s Contemporary Engagements with Asia (2015), all published by Oxford University Press. A coedited volume on The Land Question in India will also be published by OUP. He also edits the Dynamics of Asian Development book series. He has held several fellowships, including Fulbright-Hays, American Institute of Indian Studies, Korea Foundation, the Japan Foundation, and POSCO at the East West Center. He has taught at the University of Washington, Copenhagen Business School, National University of Singapore, Indian Institute of Management, Calcutta, and Bordeaux École de Management.

アンソニー・P・ダコスタ: メルボルン大学オーストラリア・インド研究所教授。開発政治経済、グローバル資本主義、自動車・鉄鋼・ITにおける産業構造改革等について多く執筆する。『変革と開発:インドと中国における発展の政治経済学』(2012年)、『アジアのグローバリゼーションと経済ナショナリズム』(2012年)、『開発後のダイナミクス:韓国の現代アジアとの関わり』(2015年編著)等の著書がある。オックスフォード大学出版局による『インドの土地問題』が近刊予定。また現在『アジアにおける開発のダイナミクス』シリーズを編集中。フルブライト・ヘイズ財団、米国インド研究協会、韓国国際交流財団、国際交流基金、東西センターから研究フェローシップを受給した。これまでワシントン大学、コペンハーゲン・ビジネススクール、シンガポール国立大学、インド経営大学院コルカタ校、ボルドー・ビジネス・スクールにて教鞭を執っている。

詳細

日付:
2016年6月14日
時間:
6:00 PM - 8:00 PM
イベントカテゴリー:

会場

「国際大学GLOCOM ホール」東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階