イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【関連行事】ナイラ・カビール教授(LSE)講演会

2016年4月17日 @ 2:30 PM - 5:50 PM

ナイラ・カビール教授(LSE)講演 会 開催のお知らせ(京都)
Lecture by Prof. Naila Kabeer (LSE) at Kyoto (Language: English)
               
【概要】このたび、ジェンダー研究、開発学で世界をリードするナイラ教授の
『選択する力:バングラデシュ人女性によるロンドンとダッカの労働市場
における意思決定』の日本語版を上程することになりました
(4月上旬出版予定)。出版を記念して、最新の調査の成果もふまえ
つつ、ナイラ先生にご講演頂きます。是非ご参加下さい。

【講演タイトル/Title】
「バングラデシュ人女性によるロンドンとダッカの労働市場における
意思決定:過去、現在、未来」(『選択する力』日本語版出版記念講演)
“Bangladesh women and labour market decisions in London and Dhaka:
Past, present and future”

【日時・会場など/Date & Venue】
日時:2016年4月17日(日)/April 17th 14:00~17:00
会場:京都大学東南アジア研究所 稲盛記念会館・中会議室
Center for Southeast Asian Studies, Kyoto university (Inamori)
http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/
(*当日は建物の入り口が閉まっておりますが、開始30分前から
 開錠のために2箇所の入り口に待機している者がおります。
 遅れた場合は、入り口の張り紙を確認して連絡をしてください)

【プログラム/Program】
講演者:ナイラ・カビール/Naila Kabeer (ロンドン・スクール・オブ・エコノ
ミクス、ジェンダー研究所教授、LSE, Gender Institute)
 「バングラデシュ人女性によるロンドンとダッカの労働市場における
 意思決定:過去、現在、未来」

討論者/Discussants:
藤田幸一/Koichi Fujita(京都大学東南アジア研究所教授/CSEAS)
 清水展/Hiromu Shimizu(京都大学東南アジア研究所教授/CSEAS)
コーディネーター/Moderator:
遠藤環/Tamaki Endo(埼玉大学人文社会科学研究科准教授/Saitama
University)

【ナイラ教授経歴】
 サセックス大学開発学研究所(IDS)、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院
 (SOAS)などを経て、現職。ジェンダー研究、開発学、南アジア研究などを
 専門とする社会経済学者。2015年には「世界で最も影響力のあるジェンダー
 研究者」第一位に選ばれる。業績は、http://nailakabeer.net/ にてアクセス
可能。

【その他】
申し込みは不要です。使用言語は英語になります(Language: English)。
*東京での講演会は、4月22日(金)に文京シビックホールで予定しています。

詳細

日付:
2016年4月17日
時間:
2:30 PM - 5:50 PM
イベントカテゴリー:

会場

金沢大学サテライト・プラザ2F 講義室