イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【関連行事】ブラフマニズムとヒンドゥイズム:南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性 ―共同研究へのプロレゴメナ

2016年3月11日 @ 1:30 PM - 5:40 PM

A Kickoff International Symposium  
共同研究キックオフ国際シンポジウム

Brahmanism and Hinduism: Change and Continuity in South Asian
Society and Religion –Prolegomena–  

ブラフマニズムとヒンドゥイズム:
南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性 ―共同研究へのプロレゴメナ

11 March, 2016, Kyoto University /
2016年3月11日(金) 京都大学・人文科学研究所

Venue: Institute for Research in Humanities 4th Floor,
Conference Room / 4階大会議室

Opening address
13:30-13:40 Masato Fujii (Kyoto University)

Keynote speech
13:40-14:40 Asko Parpola  (University of Helsinki)
        “Passage from Brahmanism to Hinduism and the
        Grhyaparisistas: Reflections on the grahasanti”

Break

15:00-15:40 Amano Kyoko (Kyoto University)

         “Reflections of the “Preclassical” Rituals in the
         Maitrayani Samhita”

15:50-17:20 Panel: The Brahman Society in Modern Kerala
       Masato Fujii (Kyoto University)
         “The Veda and the Namputiri Society”
       Hideki Teshima (Kyoto Bunkyo University)
         “The Tantris and Temple Rituals”
       Mieko Kajihara (University of Tokyo)
 “The Sodasa-kriyas and today’s Namputiri society”
     Commentators: Asko Parpola, Marjatta Parpola

General discussion
17:20-17:40

共催 
京都大学人文科学研究所
共同研究班「『ブラフマニズムとヒンドゥイズム』準備研究」
科研費基盤B「南インド希少ヴェーダ学派の文献集成と翻訳研究」
(研究代表者 藤井正人)

お問い合わせ :  075-753-6949 (藤井)   
            fujii@zinbun.kyoto-u.ac.jp

詳細

日付:
2016年3月11日
時間:
1:30 PM - 5:40 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学・人文科学研究所4階大会議室