イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS】グループ2 2015年度第三回国際セミナー(共催:南アジア・インド洋世界研究会)

2015年11月5日 @ 3:00 PM - 5:00 PM

Nuclear Energy in China and India: Can Ambitions Meet Reality ?

 

【日時】2015年11月5日(木)15:00~17:00

【場所】京都大学本部構内 総合研究2号館4階 AA477(大会議室http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

【発表者】M. V. Ramana氏 (Nuclear Futures Laboratory & Program on Science and Global Security, Woodrow Wilson School of Public and International Affairs, Princeton University)

【発表概要】Nuclear energy has been facing an uncertain future after the  multiple accidents at the Fukushima Daiichi nuclear plant in 2011. The nuclear industry still hopes for a large expansion, mostly on the basis of various developing countries constructing nuclear reactors. Among the countries that have announced ambitious targets for constructing nuclear power plants are China and India. This talk will discuss some of these targets and the record of actual implementation of these plans, as well as the multiple factors that drive and constrain nuclear policy.

 

 ※報告者のM.V.ラマナ氏は、The Power of Promise: Examining Nuclear Energy in India (Penguin Books,2012)の著者でもあり、現在はプリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクールにて、各国の核エネルギー計画の研究に従事されています。今回のご発表と関連のある研究論文は、下記サイトからダウンロード可能です。

“Choosing a standard reactor: Internationalcompetition and domestic politics in Chinese nuclear policy”http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0360544211006815

“Slow and stunted: Plutonium accounting and the growth of fast breeder reactors in India”http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301421509004868

 “Why India’s electricity is likely to remain in short supply: The economics of nuclear power” http://thebulletin.org/2013/november/why-indias-electricity-likely-remain-short-supply-economics-nuclear-power

 

 ※本研究会は、どなたでも参加できます(予約不要)。

【問い合わせ先】 indas_office@asafas.kyoto-u.ac.jp

【概要】ラマナ氏は、インドと中国におけるエネルギー事情の共通点と、原子力エネルギーの開発を巡る相違点について解説した。共通点として、広大な国土における地域ごとの制約・必要に応えるため、原子力が多様なエネルギー源の内の一つと位置づけられていることが挙げられた。相違点として、原子炉の開発・運用が、中国は国内外の企業から成る市場に開放されている一方、インドは独自の技術開発の歴史があり、海外資本の導入は選択的になされてきたことが挙げられた。討論では、インドの原発事情に関し、原子力エネルギー増産の見通し、原発の運用を巡る責任の所在、原発反対運動の影響等が議論された。

 

詳細

日付:
2015年11月5日
時間:
3:00 PM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学 吉田キャンパス本部構内(百万遍キャンパス) 総合研究2号館 4階 会議室(AA447室)