イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS】第6回国際セミナー/第38回南アジア・インド洋世界研究会

2015年9月30日 @ 2:00 PM - 5:00 PM

KINDAS第6回国際セミナー/第38回南アジア・インド洋世界研究会
“Knowledge Production under Conditions of Load-Shedding: Locating Academic NGOs in Contemporary Nepal”

日時:2015年9月30日(水)14:00-17:00

場所:研究総合2号館4階大会議室(AA447)http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

 

報告者:Dr. Pratyoush Onta(Martin Chautari, Kathmandu, Nepal)

ディスカッサント:TBA

司会:藤倉達郎(京都大学)

 

概要:Academic non-governmental organizations (NGOs) are already one of the most important institutional sites of knowledge production in the countries of the global South. This article defines academic NGOs as those NGOs which produce not only documentation but also academically engaging articles, reports, edited volumes, bibliographies, journals and monographs. It argues that their growth in the recent decades has taken place amidst the mammoth growth in the number of NGOs in general for structural and personal reasons. Examples from Nepal are provided to illustrate, both at the level of procedures and at the level of outcomes, the kinds of contributions academic NGOs have made to the knowledge enterprise. I also suggest that the links between editorial control over what academic NGOs produce and the funding they receive are more complex than is usually assumed, and that the issue of their accountability needs to be rendered in a multiple-constituency model similar to that at work in conventional universities.

 

主催:科研基盤研究「ポスト紛争期における社会の再編―南アジアの事例から」/南アジア・インド洋世界研究会/KINDAS国際セミナー/ネパール学術ネットワーク(NAN)

連絡先:藤倉達郎(fujikuraATasafas.kyoto-u.ac.jp)

【概要】オンタ氏は、学術活動を行うNGOをアカデミックNGOと名付け、それを大学等と比較し得る知的生産機関と位置付けた後、具体的な活動概要と社会に果たす役割、検証すべき課題について、ネパールの代表的なアカデミックNGOマーティン・チョウタリーの事例を通し解説した。討論では、知的生産活動には外部に開かれた民主的な議論の場だけでなく、ある程度、閉じられた、思索のための環境も必要であるとの指摘がなされた他、アカデミックNGOの知的生産が、外部資金への依存と研究サイクルの短期化が進む、日本の大学におけるそれと比較参照可能なことなどが議論された。

 

 

詳細

日付:
2015年9月30日
時間:
2:00 PM - 5:00 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学 吉田キャンパス本部構内(百万遍キャンパス) 総合研究2号館 4階 会議室(AA447室)