イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS】第3回国際セミナー/第35回南アジア・インド洋世界研究会

2015年6月30日 @ 3:00 PM - 4:30 PM

【日時】2015年6月30日(火)15:00~16:30

【場所】京都大学本部構内 総合研究2号館4階 AA463(カンファレンス・ルーム)

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

【発表者】Nishaant Choksi(University of Michigan/University of Tokyo/JSPS)

【タイトル】Santali script as a tripartite constellation: ideologies of writing among adivasis in eastern India

This talk will discuss the role of writing (ol) among adivasi communities of eastern India, with a particular focus on Santals.  The first part examines the structure of Santali scripts, showing why scriptmaking became such an important part of Santali political assertion, and elucidating the scripts’ tripartite structure: a combination of indigenous ritual concepts of diagram (ol) as well as European missionary and Sanskritic/Brahmanical notions of writing as phonological representation.  The second part will look ethnographically at the importance of oral performance in the circulation of the most popular script Ol-Chiki in local Santal communities, adding another dimension to the concept of script in South Asia.

【連絡・問い合わせ先】

KINDAS事務局

中村沙絵(nakamura[at]asafas.kyoto-u.ac.jp [at]は@にかえて送信してください)

 

概要:ニシャーント氏は、東インドの先住部族、サンタル族の文字に、アルファベット由来の表音形式、神話的世界と関連した表意形式、そして、古代インドの音声学(シクシャー)と共通した発声重視の三つの構成要素が読み取れることを、各要素が取り入れられた歴史・文化的背景と共に解説した。討論では、表音あるいは表意どちらか一方に区分される言語認識を文字要素の複数性から問い直すことと、文字がサンタル族の政治・社会活動に果たす役割の評価の必要が指摘された。

詳細

日付:
2015年6月30日
時間:
3:00 PM - 4:30 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学本部構内 総合研究2号館4階 AA463(カンファレンス・ルーム)