イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS】第2回国際セミナー(南アジア・インド洋世界研究会、ネパール学術ネットワーク(NAN)との共催)

2015年6月20日 @ 2:00 PM - 5:30 PM

【日時】2015年6月20日(土)14:00~17:30

【場所】京都大学吉田本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

【映画タイトル】「スレートと生きる」(監督:ディペッシュ・カレル、58分)

【講演】ネパールのゴルカ大震災とドラカ郡における余震

【報告者】ディペッシュ・カレル

司会:藤倉達郎

(使用言語:英語、ネパール語、適宜日本語による解説も行います)

ディペッシュ・カレル監督の「スレート(石板)とともに生きる人々」(2006)はネパールのドラカ郡のアランプという村での屋根葺き等に使われるスレート生産のドキュメンタリーです。村に住むのはタミという民族の人々でその9割以上がスレートを売ることで生計をたてています。スレート生産に関わるタミの人々の詩的ともいえる人間関係や環境との関係を描いています。

4月25日と5月12日に起こった大きな地震のため、アランプのほとんどの家や建物は損壊しました。そしてスレート産業自体も壊滅的な被害を受けました。震災後にアランプ村を調査したカレル監督が現在の村の様子について講演します。

【対象】どなたも参加歓迎

 

KINDAS 2nd International Seminar/ 34th South Asia and Indian Ocean Studies Seminar

 

Date & Time: 20th June, 2015 (Sat)14:00~17:30

 

Venue: Room AA447, 4th Floor, Research Building No.2, Yoshida Main Campus,

Kyoto University

http://www.kyoto-u.ac.jp/en/access/yoshida/main.html

 

Film: “A Life with Slate” (directed by Dipesh Kharel) (58 minutes)

 

Talk: The Gorkha Earthquake and Aftershocks in Dolakha, Nepal by Dipesh Kharel

 

Moderator: Tatsuro Fujikura

 

The film ‘A Life with Slate’ (2006) by Dipesh Kharel is shot in Alampu. This film shows the slate production in the mountainside quarry of Alampu, and also how the slate is worked prior to distribution. Over ninety percent of the villagers have been involved in the slate production in Alampu. In the film we see the social relationships, co-operation between the miners, and the intimacy of the mining families. The film also describes the socio-cultural life of the village and its interaction with the environment. The activities of the men and women at the quarry, as well as in the village, have an almost poetic dimension.

All the houses, school buildings, health-post in Alampu collapsed and many people died due to devastating earthquakes on 25th April and 12th May. The village was within a few miles from the epicenter. In the village, the government has provided no aid. And the Thami people’s prime source of income has disappeared – as slate miners, they relied on the local slate industry, which has been wiped out by the quake.

=========================================

【連絡・問い合わせ先】中村沙絵(nakamura[at]asafas.kyoto-u.ac.jp [at]は@にかえて送信してください)

【概要】ディペシュ・カレル氏は、ネパールのドラカ郡・アランプ村で2005年に記録した、石板の砕石・加工・輸送・販売に携わるタミ族の人々の仕事ぶりを、村での暮らしの様子も交えながら映像を通して紹介すると共に、2015年の震災が石板で生計を立ててきた人々に与えた影響を、建築資材としての石板の価値が揺らいでいる点に着目して解説した。討論では、人々の暮らしの立て直しのため、耐震性の高い工法・資材を基にした安価な家屋の創案と、石板の販路・用途の拡大の必要の二点が指摘された。

詳細

日付:
2015年6月20日
時間:
2:00 PM - 5:30 PM
イベントカテゴリー:

会場

京都大学吉田本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)