イベントを読み込み中

  • このイベントは終了しました。

【KINDAS(研究グループ2)& FINDAS】2015年度第一回国際セミナー

2015年5月22日 @ 6:00 PM - 8:00 PM

【日時】

2015年5月22日(金)18:00〜20:00

【場所】

京都大学東京オフィス 会議室1

JR・京浜急行 品川駅より徒歩5分。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.html

Meeting Room 1, Kyoto University Tokyo Office

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/tokyo-office/about/access.html

27th floor of Shinagawa Intercity Tower A. Direct connection from Konan Exit of Shinagawa Station on JR Line and Keikyu Line.

【発表者】

Kanchan Chandra (Professor, Dept. of Politics, New York University)

【題目】

Democracy and Dysfunction in India

【対象】

今回は会場の都合上、参加者はINDASメンバーに限らせていただきます。

【連絡・問い合わせ先】

中村沙絵(nakamura[at]asafas.kyoto-u.ac.jp [at]は@にかえて送信してください)

 

【概要】Chandra氏は、現代インドにおける政治参加の漸進的しかし着実な拡大(=民主主義政治の広がり)と、政府による汚職や自己裁量的な権力の行使の深刻化(=民主主義の機能不全)という一見相反する二つの事象が、実は国家によって密接に結びつき相補的関係にあるということを、〈土地記録の取得〉という具体的な手続きの事例を通して提示した。自己裁量的な権力が(経済自由化以降、形を変えながら)あらゆる場面において行使されるなか、「仕事を片づける(getting work done)」ことに骨を折る人々にとって、有用な「仲介者=政治家」を選ぶことはますます重要となっており、選挙はさながらオークションのような性格をもつと論じた。会場には24名が集まり、モーディ政権下におけるパトロン民主主義の展開、政党の私用化、ジャナタ・ダルバールの評価、あるいは経済自由化以降の自己裁量的権力の質的・量的変化についてなど活発な議論が交わされた。

詳細

日付:
2015年5月22日
時間:
6:00 PM - 8:00 PM
イベントカテゴリー:
,

会場

京都大学東京オフィス 会議室1